ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ圏の格下げ相次ぐも中国の支援表明が支え

Posted by 陳満咲杜 on 22.2010 マーケット情報
マーケット・サマリー

※中国、EUへの全面支援表明
※格付け機関、ユーロ圏の格下げを相次いで検討
※NY株、2年4カ月ぶり高値

昨日のアジア時間、RBA(豪準備銀)議事録が公表され、今後の利上げに含みを持たせる内容ではあったものの、金融政策は引き締め気味と判断したために政策金利を据え置いたことが明らかとなった。当時間帯の豪ドルは売りで反応したものの、その後、中国副首相によるEUの全面支援表明を受けてユーロが急騰し、追随する形で豪ドルも切り返した。中国の貿易相手国として欧州圏は重要な位置づけであることから今回の声明へと繋がったと思われる。
ドルが売られたこの局面ではドル円にも波及し、83.56まで下げた。欧州時間に入り、ムーディーズがポルトガル国債を格下げ方向で見直すことを検討すると発表し、ユーロ売りの展開に。また、英ポンドは英11月財政収支において赤字額が市場予想を上回ったことから下落。

NY時間に入ると、今度はフィッチがギリシャの長期国債の格付けを引き下げ方向で見直すと発表。同国の格付けは既に投資適格級として最低の「BBBマイナス」となっており、格下げされた場合、ジャンク債へと落ちることを意味する。これを受けてユーロ売りが再び強まり、1.3073まで下押しする場面も。ユーロは対スイスフランで連日の最安値更新も重なり、一時1.2547スイスフラン前後まで下げた。

一方、NY株式市場はM&Aの活発化などを背景に金融株を中心に買われ、2年4カ月ぶりの高値水準を更新。1万1533ドル16セント(前日比0.5%高)で引けた。

重要経済指標発表予定 予想

18:30 英 MPC(英中銀)議事録公表(12月8、9日分)
24:00 米 11月中古住宅販売件数 475万件


--------お知らせ---------

コンドラチェフサイクルの研究を重ね、この度、陳満咲杜が2020年までの金融市場の展開を大胆に予測!!

⇒⇒⇒ ○秘レポートを今すぐ手に入れる!

cmc1p_convert_20101210141054.jpg



PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。