ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロクロス相場が今後のユーロ動向の焦点に

Posted by 陳満咲杜 on 21.2010 マーケット情報
マーケット・サマリー

※朝鮮半島リスク高まるも影響は限定的
※ユーロ、対スイスフラン、対豪ドルで過去最安値更新
※英ポンド、6カ月以内に利上げの可能性

昨日のアジア時間、前週末のアイルランド格下げを受けて欧州圏の財政不安が再燃したことから引き続きユーロは上値が重い展開。韓国軍が朝鮮半島で軍事訓練を実施するとの報道が伝わったことで、上海株や日経平均などは下げる動きとなったが、為替マーケットでは極端なリスク回避の動きは見られなかった。ドル円は上下30銭程度の小幅な値動きに留まった。
欧州時間に入ってもユーロ安は止まらず、対スイスフラン、対豪ドルではユーロ導入来の安値更新となった。格付け機関各社による断続的な欧州各国の格下げが相次いでいることでユーロ買いの動機は乏しい状況。

NY時間では、ムーディーズが新たにスペインの30の銀行の預金並びに優先債格付けを引き下げる可能性があると発表したことが嫌気され、また、ユーロ圏12月消費者信頼感は予想-9.0に対し-11.0と悪化したこともありユーロ売りが継続。ポンドは対ユーロで堅調な値動き。CBI(英産業連盟)による「BOE(英中銀)はインフレを抑制するため、6ヶ月以内に金利引き上 げを開始するだろう」との声明が意識された模様。豪ドルは21日アジア時間に発表が控えていたRBA議事録への先行期待から堅調な値動き。

重要経済指標発表予定 予想

時間未定 日 日銀金融政策決定会合 0.00~0.10%
21:00 加 11月CPI      0.3%
21:00 加 11月CPI(前年比) 2.2%
22:30 加 10月小売売上高   0.5%

要人発言
15:30 日 白川日銀総裁会見


--------お知らせ---------

コンドラチェフサイクルの研究を重ね、この度、陳満咲杜が2020年までの金融市場の展開を大胆に予測!!

⇒⇒⇒ ○秘レポートを今すぐ手に入れる!

cmc1p_convert_20101210141054.jpg



PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。