ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンドラチェフサイクルとは?コンドラチェフってどんな人?

Posted by 陳満咲杜 on 17.2010 FX教室
その名、正しくはニコライ・ドミートリエヴィチ・コンドラチェフ(1892-1938)はロシア(当時ソビエト連邦)の経済学者で、モスクワ景気研究所の創立者・所長として、ソ連の第一次5カ年計画に参画、ソ連経済の復興・発展に貢献した人物。また同時に、長期景気サイクル提唱の第一人者として知られる。
コンドラチェフは、産業国家の経済発展は約50年持続する波(コンドラチェフ・サイクルと名付けられる)の中に生ずるという結論を導き出した。コンドラチェフ・サイクルが重視されるのは、予測可能かつ一般投資家にも利用できるもっとも長い周期のサイクルであるという点。

通常、より長い期間のサイクルのほうが、短いサイクルより序列が上で、内包するサイクルの最終的な方向を左右すると考えられている。私たちが現在、どの地点に位置しているのかということを客観的に、且つマクロの視野で見る上で非常に有効なサイクルである。

そんなコンドラチェフ氏の最期は不幸にも獄中で銃殺刑をもってして終わりを迎えた。コンドラチェフ・サイクル論は、景気循環論に基づき、大恐慌など景気後退が資本主義を絶滅させるのではなく、新たな成長期に導くと説き、レーニン・スターリン主義が提唱する資本主義の早期消滅論に正反対の見方を示し、スターリンの怒りを買ってしまった。

コンドラチェフサイクルの研究を重ね、この度、陳満咲杜が2020年までの金融市場の展開を大胆に予測!!

⇒⇒⇒ ○秘レポートを今すぐ手に入れる!

cmc1p_convert_20101210141054.jpg




PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。