ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計算式で分かるユーロの高値

Posted by 陳満咲杜 on 15.2010 FX教室
昨日の「ブルベアFX通信」では、ユーロ/米ドルについて以下のように当日の値動きを予測していた。

ユーロ/米ドル
------------------------------------------
ショートタイムコール:1.3340前後のサポートを確認
してから1.3470/1.3500をトライ。
---------------------------------------

実際、ユーロは丁度1.3500を達成してから反落してきた。では、なぜ1.3500のターゲットを提示していて、それ以上の数値を提示していなかったか。
それは他ならぬ、相場は一見ランダムに動いているように見えるが、実は「計算」されている部分もかなりあるから、そういった来るべき高値を書けたのであった。

ユーロドル,チャート 
ユーロ/米ドル 60分足チャート (クリックで拡大)

上のチャートが示すように、ユーロは1.3438から1.3164までの反落変動は「トライアングル」のパターンを示していた。そのパターンを13日にて上放れしたので、「トライアングル」の最大値幅(1.3438-1.3164)をそのままブレイクのポイント(1.3230)に加えれば、1.3504といったターゲットを計算できた。

それは「トライアングル」の上放れをもって計算される最大ターゲットなので、昨日はそのターゲットの達成をもって一旦反落してくるのにも納得できる。

こういった計算は小学生でもできるから、相場は時には実にシンプルだと思う。

お申込みはこちらから
書籍プレゼントキャンペーン実施中!
ブルベアFX通信


キャンペーン対象本
FXトレーディングの真実 


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。