ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国預金準備率は過去最高の19%へ

Posted by 陳満咲杜 on 13.2010 マーケット情報
マーケット・サマリー

※アジア時間動意薄
※中国の預金準備率、過去最高の19%に
※米長期金利3.3%台に乗せる

先週金曜日のアジア時間、中国当局による金融引き締めへの懸念や、11日に発表予定の中国消費者物価指数が控えていることから小幅な値動きに留まった。欧州時間、中国が今年6度目となる預金準備率の引き上げを行い、50bp上昇の19%と過去最高の水準になった。市況の反応は噂通りといった印象が強く、影響は限定的だった。
一方、同時間帯、ポンドは買われ、11月23日以来の高値水準となる1.5862をつけた。ユーロに対してもポンドは強く、ユーロポンドは12月1日以来の安値水準となる0.8352をつけた。

NY時間では米10月貿易収支や12月ミシガン大消費者信頼感指数など一連の経済指標が発表され、好調な結果を受けて景気高揚期待から長期金利が上昇、半年ぶりに3.3%台をつけるなかドルが買われた。ユーロは一時、1.3178まで売られる場面もあったが、その後、トリシェ総裁の講演もあり、ユーロは買い支えられ切り返した。(陳アソシエイツ)

重要経済指標発表予定
本日は特に無し

※ファンダメンタルズ・アナリシス、テクニカル・アナリシスが
読めるのはブルベアFX会員様のみ!

お申込みはこちらから
ブルベアFX通信


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。