ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪の雇用情勢が豪ドルを支援

Posted by 陳満咲杜 on 10.2010 マーケット情報
マーケット・サマリー

※豪雇用統計、予想より強い結果に豪ドル上昇
※米30年国債入札は好調
※フィッチ、アイルランドをBBB+に格下げ

昨日アジア時間序盤、豪11月失業率並びに11月新規雇用者数が発表され、失業率は予想と変わらず5.2%に留まるも、新規雇用者数の結果が予想2.00万人に対して5.46万人と非常に強い結果になったことで大幅に豪ドルが上昇した。発表直後、豪ドルドルは0.9855ドルまで上伸。雇用者数の変化はこれで9カ月連続での増加を記録し、今回は今年1月以来(6.31万人)の高い結果に。ドルは豪ドルに対して売られたことで、ユーロや円などの通貨にも売りが波及し、軟調な展開となった。
欧州時間、ECB月例報告が発表され、「長期失業者の増加に懸念」、「景気は上向きであるが、不透明感は増した」との内容が嫌気され、ユーロ売りの展開に。また、BOE(英中銀)は現行の金利を0.50%で据え置くことを決定し、これで21カ月連続での据え置きとなった。当結果を受けての市場の反応は限定的。

NY時間に入り、米30年国債入札の好調が伝わり、ドルの支えとなり、ユーロ、豪ドルの反落をもたらしたと同時に、利回りの低下でドル/円を押し下げ、クロス円相場は総じて軟調な展開。また、格付け機関フィッチがアイルランドの格付けを「A+」から「BBB+」へ3段階格下げしたことや、イタリアの格下げの噂まで広がり売られやすかった。(陳アソシエイツ)
 
重要経済指標発表予定              予想

22:30 米 10月貿易収支           -438億ドル
23:55 米 12月ミシガン大学消費者信頼感指数  72.5

要人発言
25:15 欧 トリシェECB総裁講演

※ファンダメンタルズ・アナリシス、テクニカル・アナリシスが読めるのはブルベアFX会員様のみ!

お申込みはこちらから
ブルベアFX通信


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。