ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッシュ減税延長決定を受けて今後のドルの見通しは?

Posted by 陳満咲杜 on 08.2010 マーケット情報
マーケット・サマリー

※RBA総裁、豪ドルの現在の金利水準は適正
※アイルランド予算案、議会可決
※ブッシュ減税、2年間延長決定

昨日のアジア時間序盤、中国が今週末にも利上げするとの噂が広まり、リスク回避の円買いが優勢に。前日の安値を更新し、ドル円は82.40前後まで下落した。午後に入り、RBA(豪準備銀)政策金利発表が行われ、予想通り4.75%で据え置きとなった。声明文では現在の金利水準は適正だとして、更なる利上げに関する期待は薄れている。同結果を受けて市場の反応は限定的だった。
アジア時間から欧州時間にかけて、ユーロの買い戻しが拡がった。60億ユーロの緊縮財政案が議会を通過する見通しと報じられたことを受けて期待の高まりから上値を伸ばす展開。

NY時間、中間層向けの減税措置であるブッシュ減税について向こう2年間の延長を決定したことを受けて、米国の財政赤字懸念や景気回復期待から米長期金利が上昇。3.17%台まで上昇幅を拡大したため、ドル円は一時83.65円付近まで追随して上昇した。

ユーロは一転して軟調な展開。アイルランド予算案が議会にて可決されるも、サプライズ的な要素はなく、材料出尽くし感から売られた。同時に、金は再び史上最高値を更新するも、1430ドルの高値から1396ドルまで下落する大幅な調整を見せた。(陳アソシエイツ)

※ファンダメンタルズ・アナリシス、テクニカル・アナリシスが読めるのはブルベアFX会員様のみ!

お申込みはこちらから
ブルベアFX通信


PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。