ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ/米ドル、7連陰の意味を検証

Posted by 陳満咲杜 on 01.2010 市況分析
chart1201.jpg
クリックで拡大

本日はユーロ/ドルの日足を取り上げたいと思います。

ユーロ/ドルの下げ一服、至って反発が予想されています。
根拠は以下の通りです。

1. ユーロ/ドルは22日から連続7日の陰線引きとなり、「7連陰」
の局面は売られすぎと暗示、ギリシャ危機を端に発した年前半
の暴落時でさえ「7連陰」は形成していなかった。
2. MA線(50、100、200)の序列関係が崩れていないうち、ユーロ
の急落は200日線と6月安値を起点とした全上昇幅の半分押しを
下回り、短期スパンにおける行き過ぎを示唆。

3.・・・
4.・・・
5.・・・

6. MACDとRSIは共に強気リバーサルといったシグナルを点灯。
構築できれば、リバウンドの展開を強く示唆。また、リバーサル
のシグナルが予定通り効いてくれば、次の節目は1.4155前後
(終値ベース)となる。

全文はブルベアFX通信会員様のみご覧いただけます。(陳)

お申込みはこちらから
ブルベアFX通信


*ターゲットカウンティングの要領については拙作
『FXトレーディングの真実』に譲ります。




PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。