ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「指標次第」は本当か(二)

Posted by 陳満咲杜 on 21.2008 視点論点 0 comments 0 trackback

指標次第は本当か2.jpg 
クリックで拡大

為替マーケットほど経済指標にリンクしている相場はないだろう。各国の経済指標は毎日沢山発表され、事前予測・事後分析を含め、経済指標を生業とする業者と個人も比例してたくさんいる。

これらの指標の良し悪しに対する相場の反応はケース・バイ・ケースであり、特定のパターンは見つけられない。唯一言える法則は「BUY THE RUMOR SELL THE FACT」ぐらいで、それでも毎回必ずしもそうなるとは限らない。もっとも、勝利の方程式は存在しない、あれば相場自身、とっくに壊れているので、当たり前と言えば当たり前である。

さて、前の記事に関する検証を行うべき、4日から先週末まで発表された経済指標(事前予測も含め)をまとめて見よう。下のリンクをクリックしていただきたい。

経済指標統計

この統計をドルインデックスの日足(上のチャート)と照らしてみると、当方の主張に頷くかもしれない。即ち、経済指標の好し悪しは短期間相場に影響を与えるが、中長期ではほとんど決定力を持たない、ということに尽きる。相場の方向は内部構造の均衡と崩壊によって導かれるものである。

ただ、相場の難しいところは、所謂ノイズとタイムラグという現象が存在するから、短期の動きを把握しにくい。そしてピンポイントの予測がほぼ不可能に近い。図示のように、ドルインデックスが16日にてわずかながら3月31日の安値を更新していたこととリンクし、当方4日と10日の予想が当日及び翌日の市況に限定すれば、両方とも不正解であった。前者はやや楽観し過ぎたし、後者はやや早過ぎた。

が、ケインズ卿の言うように、「正確な間違い」よりも「漠然とした正しさ」がはるかに重要である。個別経済指標に拘り過ぎ、或は一喜一憂すれば、「正確な間違い」を犯すリスクが大きい。なぜなら、「森を見えず」との状況に陥りがちである。「一寸先闇」とまでいわれる相場だからこそ、「漠然とした正しさ」を持つ勇気と素質が何よりも大切であろう。


▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/225-f3b6967e

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。