ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風桶の2009(二)

Posted by 陳満咲杜 on 23.2009 視点論点 22 comments 0 trackback
風桶の2009(二)0223

最近本屋を訪れる度に、山積みされている「米サブプライム、金融危機、世界恐慌、資本主義の崩壊」といったテーマの本の数に驚かされている。もっと驚くのは、あたかも事前に予測できたかのような口調で書かれたものが多いということ。苦笑いしながら、あらためて自らの結論の正しさに頷いた。日本における最も魅力的な職業とは何か。それは、官僚と評論家である。

確かに事前に予測できた方もいらっしゃる。だが、洋の東西を問わず、彼らは概して主流から外れた人物であり、危機以前において目立たない人物か、もしくは大物であってもまともに扱われてこなかった人物である。(日本で言えば副島隆彦氏などである。)

今から見れば、サブプライムの行き詰まりとそれにリンクしたシステムの破綻はきわめて「常識的に判断し、予測できたはず」にもかかわらず、なぜ全世界がウォール街の罠に嵌ったかと英国女王も含め、多くの方が首を傾げているに違いないが、人類の歴史が証明できた随一の真実を以って説明できると思う。つまり、将来の不確実性が永遠の真理である以上、渦中の、たとえ極めて単純なものでも殆どの人が本質を認識できないように出来ている。換言すれば、大衆は常に間違っているか、間違うように仕込まれている。

この意味では、今囃されている「100年に一度の危機」という言葉も疑わしい。目下の現状をここまで分かり切っているであれば、本当の100年に一度の危機がまだ来ていないか、全く100年に一度の危機とは言えないかのどちらかに帰属されるであろう。

もっとも、「100年に一度」との言葉の生みの親は、あのバブルの張本人でもあるグリーンスパン氏だ。彼は同じ言葉をすでに10年前、「100年に一度の技術革新(IT革命)」と米ITバブルを評価しており、自ら言葉の重みを希釈している。彼ほど、「100年に一度あるかないか」の割合で、神壇から落ちこぼれ、かつ後世から酷評される人物はいないだろう。

大衆の間違いの根源は、常識的に判断できるかどうかではなく、その判断を守れるかどうかにあると思う。世の中、猫も杓子も間違った行動を一斉にとり始めたら、自分が正しいと堅持でき、動揺しない人は一体何人いるだろうか。この標準こそ、聖人と凡人の分水嶺となる。

基軸の地位を悪用し、「双子の赤字」が膨らみ、無節操に刷りばら撒かれる国の通貨の将来が誰でも分かり切っているにもかかわらず、2005年~2007年に盛んに行われた円キャリートレードの誘惑に負け、今無傷で済んだ方が何人いるであろうか。対照的に、ドルの価値がこれからも下げ続くと信じてやまず、2005,2006年の為替取引の含み損を我慢し、最後やり遂げ、莫大な利益を手にした大物がいる。彼の名はウォーレン・バフェットである。(もちろん、ここでは戦略の正誤のみを論じるもの、戦術的に言えば、バフェット氏は明らかに間違っていた。)

目下の状況も同じであろう。世界恐慌を理由に、ドル高の継続が声高に主張されているが、2009年を過ぎれば、巷の飲み屋では以下のようなトークを耳にすることになるだろう。

「雑種のユーロ、躁鬱のポンド、虚高の円、田舎者の豪ドル、偽善者のスイスフラン、これらすべての通貨は最悪だ。が、どれもあのインチキのドルより増しだ。俺は分かり切っていたのに・・・・・・。」


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



▶ Comment

ひろさん、こんばんは。カスタマーレビューによるご声援、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

aiiinさんのご質問、よくわからない部分にあるが、基本的には目下ドルのリバウンドと捉え、110よりも100円台はまずターゲットとして浮上しれいると思います。ご参考まで。
2009.02.28 22:05 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
本の中のRSI分析手法により、よくよく考えると当然の結果だったのかなという感じがしています。

さて、この後ですが、ちょっと上げすぎのような感がしています。リバウンド幅が大きくなり110台も見えてくるという解釈になるのか、それともリバウンド云々以前に実は底打ちしていなかったという解釈になるのか、先生はどうお考えですか?
2009.02.27 02:19 | URL | aiiin #79D/WHSg [edit]
アマゾンのレビュー書きました。もちろん★5つ!
陳様へ日頃のお礼もかねて皆さんレビューを書きましょう!!
2009.02.26 18:49 | URL | ひろ #79D/WHSg [edit]
皆さんへのお願いですが、よろしければ、アマゾンのカスタマーレビューを書いていただけませんか。皆さんのご評価を聞きたいと思っていますので、何卒、よろしくお願いします。
2009.02.26 17:48 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
皆さん:

  こんにちは。コメント、誠にありがとうございます。

  仕事冥利につき、皆さんにとってお役に立ったことがあれば、この上のない喜びです。こちらこそ感謝しております。皆さんのご声援なしでは、今の自分はいないといっても決して過言ではなりません。

  ひろさんのご質問ですが、当方はまだ中国株を買っていません。もうすこし様子見したいところです。

  スクルージさん、はjめまして。ご指摘しているフォーメーションについて、当方が「下落ウェッジ」の可能性が大きいと見ています。いずれにしても、時間の経過してからより明白な判断を出来るではないかと思います。

 初心者ktさんとはすでに「古い」お付き合いですから、正直者といった印象は当方が持っています。虚高とは一種の「言葉遊び」でもあったが、円の全面高、特に対ユーロ、ポンドなど外貨の行き過ぎた面を強調したい側面もあります。いずれにせよ、対ドルだけ、円は割高ではないと見ています。

  フランスさん、はじめまして。ユーロ/円なら、年内140まで戻るのは不可能ではないか、保つことが難しいと思います。ポンド/円の200回復はやや想定しにくいと思っています。ご参考まで。

  ほうしさんの中国ご滞在、いかがでしたか。生の感触を持つことはとっても大事ですね。愛読者さん、副島隆彦氏のご先祖さまに関するお話、勉強させていtだきました。ありがとうございます。

  ササオさん、クーネルさん、ありがとうございます。さっちんさん、今後ともよろしくお願いします。
  
2009.02.26 14:50 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
小生の文足らずで陳さんに反感を買ったのは不徳の致すところで・・・真意が伝わらないまま陳さんに嫌われたくはありませんので補足させて下さい。

副島氏のことは「大物であってもまともに扱われてこなかった人物」という陳さんの記事に対して小生は副島氏は「大物」であることはもちろん、「まとも」にも扱われている人物だと思っていますので反論させて頂きました。文足らずで失礼しました。

中国人民元に関しては、貿易で得たドルを市場で換金され急激な人民元高にならないように、人民元レートを低めに誘導するため、大量の人民元を増刷し(売り介入)政府がドルの引き受け手になって外貨準備を増しています。
「無節操に刷りばら撒かれる国の通貨」の相対先に中国がいるのも事実。政府による人民元高を防ぐための介入(増刷)によってインフレが発生しているのも事実。人民元安は国際社会の利害が一致している間は良いのでしょうが今後中国政府の「管理相場制」はいずれ「変動相場制」に完全移行せざるをえないと小生は考えているわけです。それ故、人民元の行く末も面白いとコメントしたまでです。

陳さんに嫌われたくありませんので小生の文足らずによって招いてしまった誤解が少しでも解消してくれれば良いのですが・・・
2009.02.26 13:13 | URL | さっちん #79D/WHSg [edit]
 はじめまして

 いつも陳さんのブログを参考にさせていただいております。ブログだけでなく著書2冊とも濃い内容で、バイブル的に活用し、常に傍において参照しています。
 ドル円の上昇はすごいですね。1、2、3の法則がぴたりとあてはまり、教科書的サンプルになっていますね。もちろん念のため、ほど近い位置にストップを置いていましたが。こうやってみんなが驚いている間は売りポジションが重なってどんどん上がっていくのでしょう。
 FXを勉強し始めて1年が過ぎようやく少しですがわかり始めてきました。陳さんとの出会いに感謝しています。
2009.02.26 11:20 | URL | クーネル #79D/WHSg [edit]
皆さん:
  
  今の時間では「今晩は」と言うべきか、それとも「お早う」と言うべきでしょうか。とにかく挨拶だけさせていただきます。というのは、他の仕事で一段落したところですが、皆さんのご質問に答えるにはもうすこしすっきりした頭脳が必要ですので、一睡してからまた返事いたします。大変失礼しました。またよろしくお願いします。
2009.02.26 02:32 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
陳さんこんにちは。
私もササオ様と同様にマット氏の「特殊な円売り」「レンジ相場入り」等の言葉が自分の歯につまりもどかしさを感じております。連載を続ける内にいくらなんでも日本の個人投資家は陳さんがリアルでこの場に出会えたことに感謝すると思う。無論他の3者と違うステージにいるという事を。 ps:新書の特典拝見いたしました。なにかこれで有料セミナーを開けてしまうのでは とても安い買い物をさせていただき感謝です。 <良い時いい、悪い時には悪い と私は言い続けたい>
2009.02.25 08:46 | URL | 初心者kt #79D/WHSg [edit]
はじめまして。
陳先生のコラムを、今日初めて拝読しましたが、わかりやすいですね。ありがとうございます。
私はFXはしません。フランスに住んでおり、滞在の為に120-130円くらいの時にユーロを買っておきました。生活費に使用するので、170円の超円安になった時、円転しませんでしたが、円転しておき118円の円高で買い換えたら随分儲けになったのね、とびっくりしました。今後、100円前後の円高になったり、140円以上の円安になる可能性もあるのでしょうか。同様に、英ポンドが、128円以下や、200円近い円安になることも2009年にあるでしょうか?
又、全ての価格は上下すると思うので、金も
1000ドル以上になったとしても、必ず、上げた分、下がるのではないかと想像します。ただ、
天井の価格や、どのくらいの期間、上げ続ける
か、は全くわかりません。
投資は、足るを知る、どのくらいの利潤なら
有難いと満足するか、という自分の心の持ちようで、損せず、少しずつのプラスを望んでいます。
チャートなど、以前本を数冊読んでも理解できなかったので、先生のコラムを参考に、為替の
売買の目安にさせていただけて、有難く存じます。これからは、フランスから毎日拝読します。今後も、ストレートな説明を期待しております。御身ご自愛くださいませ。
2009.02.25 08:44 | URL | フランス #79D/WHSg [edit]
陳さんは、これまで数々の相場の転換点を的中させてきましたが、ZAIの初回2/6の記事における「今円を買うのは悪い円買いになる」も目下の相場が証明してくれましたね。

レンジ相場が長く続いたり、その途中で米銀国有化云々のノイズが入ったりしたため、本当だろうか?と少し疑ってしまったことお詫び申し上げます。

ちなみに、連載者のお一人であるマット氏は、目下の状況を「特殊な円売りが出ていたらしい」と分析?していますが、これはファンダ面から説明ができない、すなわちお手上げを意味する言葉のようです(笑)
2009.02.25 01:48 | URL | ササオ #79D/WHSg [edit]
陳先生

はじめまして。先生の著書を拝見し勉強させて頂いておりますスクルージと申します。
どうぞよろしくお願い致します。

貴著にございましたフォーメーションに関して、騰落との関係は絶対ではないとの前提でご教授頂けませんでしょうか。

現状(2009/02/24)のEUR/GBPの日脚チャートを見ますと、Wトップの右肩(高値)から高値が切り下がってきています。
Wトップからの下落傾向と整合するのは、上記と同ネックライン(安値)をボトムとする
下降トライアングルであろうと推測しています。

一方で、1月9日および2月10日の安値を連結すると、下落ウェッジとの解釈が出来るように思われます。

仮に先生が判断されるとするならば、どの様にお考えになるでしょうか。
あるいは、定石とするには懸念点が多いと見込まれますでしょうか。
2009.02.24 22:44 | URL | スクルージ #79D/WHSg [edit]
陳さん、先日アジア情報発信をリクエストしたものです。前向きに検討してくださるとのご回答ありがとうございます。陳さんのオーバーワークにならない範囲でけっこうですのでよろしくお願いいたします。

最近アメリカでは、サブプライム問題の一因を中国、日本の過剰貯蓄に求める見方が強いようですね。アジアマネーが米国債市場に大量に流入し、長期金利が長期間低金利で推移した結果、不動産市場にバブルが起き、破裂したと。
全否定はできないでしょうが、犯人探しをアジアに求めるのは不愉快です。借金して散々浪費した挙句、破産した「ならず者」が、その責任をカネの貸し手になすり付けてる図式ですよね。中国の世論はこうしたアメリカ人の身勝手な主張に怒っているそうですが、日本人ではあまりいません。情けない話です。
麻生首相が今日オバマさんと会談するそうですが、また米国債購入を迫られるんじゃないかと本当に心配です。

副島隆彦氏は気骨ある人物だと思います。wikipediaによると明治草創期に外務卿を務めた副島種臣の傍流の子孫だそうです。種臣もマリア・ルース号事件の解決など大変気骨ある人物だったようです。
2009.02.24 16:15 | URL | 愛読者 #79D/WHSg [edit]
陳さん、こんにちは。
まず、陳さんやスタッフの皆様に私事のコメントで不愉快な思いをさせ、ちと私も大人気ないと反省しているところです。自分の意志を強く持てというのが父親の教えなので、どうも体から離れません。
「風桶の2009(二)」はとても面白い!

円の虚高とはこの場合「人為的に拡大された」と読むべきか「不当に高くされた」と読むべきか!?陳さんの意図をお聞かせください。目下今日もロイターでドル円が95円突破した記事にドイツ証券のいつもの人が
<ドルに替わる通貨見当たらず、金に資金殺到>だそうです。チャートを見れば私でも言えそうな。。。。
さて、みんなドルの真の実力を知る時はいつなのでしょうかね!>?疑問です。 重ねて私のコメントで陳さんとスタッフの皆様には不愉快な思いをさせ、申し訳ありませんでした。
2009.02.24 15:38 | URL | 初心者kt #79D/WHSg [edit]
陳様、コメントありがとうございます。
方向性としてはよいとのことで安心しました。また、私の中国に関する知識不足を感じました。中国の国策に関係した株にかけてみようと思っていたところでした。。。勉強します。
ちなみに陳様は以前ブログで「中国株を売り切った」とありましたが再度買われましたでしょうか?
2009.02.24 15:11 | URL | ひろ #79D/WHSg [edit]
陳さん お元気ですか。
まだまだ寒い毎日が続きますね。
「為替の真実」何回も熟読させて頂いてます。
また先日キャンペーンにて届けて頂いた
「2009FXアウトルック」大変参考になりました。
有難う御座いました。
ところで、
私は仕事で年間約2ヶ月は中国に滞在します。
既に中国は日本にとって最大の得意先ですが、
未だ中国への基礎知識が欠落した日本人が多く、
仕事などで中国を知ってる少人数は、結構知っていて、
中国に関係ない大多数はは実は殆ど何も知らないとゆう、
知識格差が拡大してますよね。知識の小日本化です。
為替なんかより隣国の事を勉強した方が、
よっぽど本人の為になると思いますけどね。
2009.02.24 14:45 | URL | ほうし #79D/WHSg [edit]
ひろさん、今晩は。ゴールドと中国株、方向性としては間違っていないと思いますが、中国株については、これから銘柄の選別と淘汰の時代に入るから、真贋を見極める能力が重要だと思います。昔のように中国の将来性にかけるやり方は成功しないだろう。

  さっちんさんは日本語が分からないでしょうか。当方は副島隆彦氏を大物として立てています。きちんと文章を読んでからコメントしていただきたいと思います。

 それに、どういう根拠で「無節操に刷りばら撒かれる国の通貨といえば人民元も同じです」と言うでしょうか。自国通貨を常に売り介入している中国は寧ろその逆であります。つまり、「無節操で人民元を刷り撒かれる」であれば、介入自身は不要で、人民元高もありえません。

 基礎的な知識の習得をお勧めします。また、大人としてのマナーもお願いします。当方のブログは大人のみ受け入れるつもりであります。

 たまねこさん、総論或いは大局観としてはそうであります。
2009.02.24 00:29 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
巷の飲み屋の会話からすると、
ドルはまだまだ下がるということでしょうか?
2009.02.23 23:56 | URL | たまねこ #79D/WHSg [edit]
無節操に刷りばら撒かれる国の通貨といえば人民元も同じですね。
これからの世界経済をけん引するのが中国なら人民元の行く末も面白いですね。
まぁ、何十年後の話になるかは分かりませんが・・・
2009.02.23 20:55 | URL | さっちん #79D/WHSg [edit]
本屋で色々立ち読みしますがたしかにドルの崩壊、先進国/新興国の経済回復は暗い等の内容が多いような気がします。投資先としては、金(ゴールド)、金ETF、外貨MMFがよいとの内容が多いです。私は中国株と金(ゴールド)に興味がわいています。どうでしょう?
2009.02.23 19:25 | URL | ひろ #79D/WHSg [edit]
「為替の真実」のリスク管理については大変参考になります。他のFXの本にはこのような内容はないですよね。他の本はFXは誰でもすぐにお金持ちになれる気にさせてくれますが。。。実際はなれませんよね。私もそんな気にさせられてFXをはじめましたが35万ほど損失をだして「為替の真実」を読んで納得です。
2009.02.23 19:19 | URL | ひろ #79D/WHSg [edit]
彼は大物ですよ。
2009.02.23 18:27 | URL | さっちん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/160-500727bd

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。