ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキンレース&ジーンズトレーダー

Posted by 陳満咲杜 on 02.2008 視点論点 12 comments 0 trackback
チキンレース&ジーンズトレーダー

ドル高の市況が続いている。そして金融危機の様子も一層深めている。

昨日の米リセッション宣言に今更の感じがする一方、各国の利下げラッシュと財政出動、公的資金による市場注入が連続リリースされている「当然のように悪化した」経済指標に埋められ、各国政府の努力もしばらく夜間飛行のように視界不良だ。

さて、目下の状況では、どの通貨に賭けてもチキンレースにおける度胸比べに見える。ユーロ圏、英、豪、新の大幅利下げとリセッションは最早決定的で、英に至っては未曾有の1%或いはゼロ金利まで下げるだろうという過激な予想がまじめなエコノミストから出されている。

なので、着物トレーダーが仮に生存しているとしても、苦しい受難が続くだろう。すでに一部業者にてドル/円のロングポジションでもマイナス金利(スワップ)が付いているように、英ポンド/円のロング筋でもスワップ金利を支払う日がそう遠くないか。

浮上してきた通貨は、利下げと財政出動の余地の小さい、経常黒字国の円だが、すでに買われており、それ以上のボラティリティを期待しにくい上、なによりも先進国の中で、もっとも介入がお好きな国柄だから、いつ不意打ちされてもおかしくない。
 
それでも、当方はこのチキンレースにおいてドルに賭けれない。理由はごくシンプルだ。目下米国政府とFRBの政策は量的緩和政策そのものであり、ドルは円の二の舞になるのを避けられない、ということに尽きる。

これからキャリートレードの復活があれば、その借り入れの対象はドルとなっているに違いない。目下のドル高は眩しくも回光返照に過ぎない。

チキンレースには着物よりもジーンスのほうがお似合いだから、ジーンズトレーダーの登場も想定すべきかも。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ







▶ Comment

陳様、そんなこと仰らずに「お前は相変わらず、しょっぱい奴だなぁ~。」とか「そんな事ばっか言ってるからダメなんじゃ~!」とかでも宜しいので是非とも遠慮なく仰ってください。(笑)
それにしても、面白い相場ですね。
金は、878.9がとりあえずの目標値と思っております。
もし、これを未達成のままあるポイントを割り込むような事があれば・・・。
2008.12.17 05:26 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
CLOUD様:

  お久しぶりです。毎回CLOUD9さんのコメントを読むのが楽しい。もうこちら余計なことを言うのが勿体無いないから、敢えてお答えしないことにしました。
   
  今回も参考になりました。ありがとうございます。またよろしくお願いします。
2008.12.16 19:12 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
初心者ktさん、リコさん、さっちんさん:

  今晩は。返事送れてすみません。

  マネーポストの取材を載っているのは2009年1号だが、すでに売っています。
  
  リコさんのご質問、難しい、私も知りたいです。(笑)、敢えて言うとユーロ/ドルだが、今からそのまま上昇しつつけるイメージではないので、少なくと来年夏場まで安定した長期プランを組める時期ではないかもしれません。ご参考まで。

 さっちんさんのご指摘、どう答えるべきかは分かりません。とりあえず考えておくことにします。

 では、またよろしくお願いします。
 
2008.12.16 18:59 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
目下は非常に面白い局面でありますね。
まず、ドルインデックスにおける日足の三尊という見解。
これにより、今後ドルの崩壊と金価格並びに商品相場の急速な上昇即ちインフレ、COMEXのデフォルトとまでゴシップが飛び交っているようです。
金に関しましては、様々な憶測が騒がしくなっておりますが、個人的には非常に懐疑的にもなっております。
何故ならば、まず1つ目はドルインデックスの三尊におきましては、もしこれが騙しであった場合、その起点から騙しのレベル分だけ上昇すると仮定。
金におきましては、世界中で金がすでに買いあさられているという点。
つまり、大衆が既に金を買いあさっているという事はそれだけで十分に上昇には懐疑的になるべき現象でもあるわけです。
しかしながら、最近「少数派の定義」というものが分からなくなって来ました。
トレンドの渦中にあるとき、変に逆行した思考を持つ事が必ずしも良い結果を産まない事もしばしばありますね。
因みに、ポンド円におきましては既に底打ちしたのでなければ120円台なども視野に入れております。
即ち、これはドルの下落に尚、懐疑的な見解となります。
私の手法上では132.810以上の下落局面では正に陳様の仰る所の「チキンレース」となりますが。(笑)
陳様、本の出版楽しみにしております。
お体はくれぐれもご自愛くださいませ。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
2008.12.16 17:35 | URL | CLOUD9 #79D/WHSg [edit]
差し出がましいかもしれませんが陳さんに言いたいことが・・・

陳さんの鋭い切り口から発せられるお言葉・・・

小生はそれが楽しみでなりません。

陳さんは為替の分析、予想をされるより経済評論の方が生に合っているのではないでしょうか?

どうも今の陳さんのお立場は窮屈そうに見えてなりません。
2008.12.16 13:17 | URL | さっちん #79D/WHSg [edit]
今年は陳さんのおかげで、大きく利益を出させて頂いたものの一人です。しかし来年は余りトレードをせず、最低三ヶ月から半年は持つ長期でいきたいと思ってます。今から仕込むのであれば、どの通貨が一番利幅が取れそうか悩んでます。すみませんがアドバイスをお願いします。
2008.12.13 14:35 | URL | リコ #79D/WHSg [edit]
陳さん、こんにちは。以前雑誌の取材を受けた号は何月号ですか?
2008.12.10 12:34 | URL | 初心者kt #79D/WHSg [edit]
akinoさん、初心者ktさん、ココさん:

  こんにちは。

  いよいよ今年の最後になって来ました。当方は、この一年を慌しく過ごしてきたので、まさに「光陰矢のごとし」と感無量。また、「少年老い易く学成り難し」と痛感していることろでもあります。
   
  さて、初心者KTさんのご要望、本月末のレポートでお応えしたいと思います。もう少しお待ちください。
  
  拙作については、FXトレーディングにおけるテクニカル・メソッドに関する解釈と実戦法は扶桑社から、CFD入門書は日本実業社から上梓されます。まだ執筆中なので、完成したら、具体的な中身について、ご紹介させていただきたいと思います。また、よろしくお願いします。
2008.12.06 16:20 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
執筆おつかれさまです!

これまでお伺いするところ、2社の大手出版社
からほぼ同時期に新しい著作を各1冊ずつ出す
ということですね。

では、出版社が異なるだけで、内容的には
両著は似通ったものとなるのかそれとも
まったく異なるものとなるのかどちらで
しょうか。

確か陳先生からは現段階においてテクニカル
に関する著書としかお伺いしていないので、
発売が近づくにつれ、この点気になって仕方
ありません。

もし「発売までのお楽しみ」でなければ、
折をみてもう少し情報をお願いします^^

ps
「ジーンズトレーダー」とはグットネーミング
ですね!かつてキモノトレーダーと揶揄した
西洋人を今度は我々東洋人のほうから逆照射
するかのようなアイロニカルな面白さがあります。
2008.12.05 19:51 | URL | ココ #79D/WHSg [edit]
今月の上旬にドルインデックスはや80を切るのでしょうか?待ち遠しい
2008.12.04 17:26 | URL | 初心者kt #79D/WHSg [edit]
陳さん、こんにちは。師走て゛慌ただしさが加速する今日この頃ですが、来年の見通しを出来ればお聞きしたい。無論有料メルマガでの披露でも構わないのでお願いします
2008.12.04 13:32 | URL | 初心者kt #79D/WHSg [edit]
面白いですね。陳さん イラストレーターかフォトショップ お手製ですか?w
2008.12.03 09:44 | URL | akino #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/149-777ad223

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。