ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/スイスフランの示唆

Posted by 陳満咲杜 on 25.2008 市況分析 6 comments 0 trackback
ドルスイスフランの示唆.jpg 
クリックで拡大

ドル/スイスフランにおける16/17年弱気サイクル  週足

ドル/スイスフラン、ボトムで数える主要サイクルは16、17年サイクルとなり、現在95年安値を起点とするサイクルは2002年にてトップアウトし、サイクルの法則通りなら、次の安値は2011年後半にて出現。よって、目下のドル高は続かず、2010/2011の安値に向け、来年からベアトレンドへ復帰しよう。ドル高を過大評価すべきではない。
ーーー「FX・トレンドの真実」11月24日号より 

ドル/スイスフランという通貨ペアは近年、ドルインデックスの値動きと「視覚的」な高い相関性を示してきた。ドルインデックスのチャートを見られない場合、代わりにドル/スイスフランのチャートを見ても大した支障が出ないほどだ。この故、ドル/スイスフランのサイクルもドルインデックスのサイクルに極めて近いから、ドル全体の行方の把握に役に立つ。

ドルインデックスにおけるスイスフランの割合は、構成する6つの通貨のうち、最下位の3.6%しか占めていないにもかかわらず、ドル/スイスフランとドルインデックスの高い相関性に首をかしげる方が沢山いるだろう。このナゾを解けるカギはユーロである。

ドル/スイスフランは一応メジャー通貨ペアであるが、その取引の大半は直接よりも、ユーロ/スイスフランとユーロ/ドルの同時取引によって行われている。つまり、ドル/スイスフラン自身が「クロス通貨ペア」になりつつあるというのが現状だ。だから、スイスフランの価値はほぼユーロの動向に左右され、ユーロはドルインデックスにおける57.5%のシェアを考えると、ユーロの分身として当然「Anti-Dollar]の役割を果たすようになっている。

視覚的にはユーロ/ドルと正反対なので、ドル/スイスフランはチャート上ドルの高安を縦軸として表しているので、ドル/インデックスのチャートと高い「視覚上」の相関性をもたらしたである。

話がやや長くなったが、要するに前記ドル/スイスフランのサイクルが正しければ、目下のドル高はおのず限界があり、2002年から始まったドル安トレンドがまだ終わっていないということである。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

▶ Comment

ココさん、ライチさん、M.KEYさん、さっちんさん:

  今晩は。コメント、誠にありがどうございます。

  ドル/スイスフランが安値を付く時期に関しては、2010前後の公算が大きい。というのはユーロ/ドルと逆の動きなので、ユーロは安値を付く際、ドル/スイスは高値のはずです。

  ドル/スイスフランはテクニカルに向いていないとは思っていません。他のクロス通貨ペアと同様です。

  本の出版時期について、それぞれ1月末と2月になる予定ですが、正式な発売日を決めたら、またお知らせします。因みに、拙作は扶桑社と日本実業社から上梓される予定です。

サイン会などに関しては、現在予定しておりません。でも皆さんとお会いになるのはとってもうれしいので、来年、何らかの形で皆さんと直接お話できると思います。またよろしくお願いします。

    
2008.12.02 21:44 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
もう12月ですね。

12月は師走でどこも大忙し。陳さんもさぞ毎日忙しい日々をお過ごしのことでしょう。

ところで、書籍の出版日の目途はたちましたか?

出版記念にはぜひサイン会か出版記念パーティーを開催して頂きたいです!

サイン&握手してもらいたいです!
2008.12.01 17:29 | URL | さっちん #79D/WHSg [edit]
お久しぶりです。M.KEYです。
いつも陳さんの視点は勉強になります。たしかに、
ドル/スイスフランはクロス通貨ペアに近いものが
あると思います。

そこで質問ですが、私は完全なテクニカル派ですが、
ドル/スイスフランはテクニカルに向いていないの
でしょうか?
2008.11.30 18:53 | URL | M.KEY #79D/WHSg [edit]
ドルスイスの行方、私も気になっていました。素晴らしい記事に感謝です。

当面は、ダブルトップを付けに行くのでしょうか。ドルカナダは一足先にダブルトップ形成したようですね。

やはりドル全面安の展開になっていくのでしょうね。
2008.11.26 14:51 | URL | sister moon #79D/WHSg [edit]
こんにちは。陳さん、お体は大丈夫ですか?執筆活動、お疲れ様です。長期のチャート分析は、非常に参考になります。

ユーロのパリディ割れは2010年以降であれば、ドル/スイスフランの次の安値も、2010年以降とは、考えられないでしょうか?
2008.11.26 07:26 | URL | ライチ #79D/WHSg [edit]
先にドル/スイスについてお尋ねさせていただきましたが、今回このように記事としてお示しくださり、本当にありがとうございます。(と同時にそろそろご執筆の追い込みに入られる頃ですのに恐縮です。)

先生の鮮やかな論証のおかげで、スイスフランとドルインデックスとの相関性について知見を得ました。今後のトレードに活かしたい所存です。重ねて御礼申し上げます。

2008.11.25 20:43 | URL | ココ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/148-651745af

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。