ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュア・マーケット

Posted by 陳満咲杜 on 20.2008 取引手法 8 comments 0 trackback
ピュアマーケット(1).jpg 
クリックで拡大

為替相場は本来ピュアである。複雑に見えるのは我々自身が「素直」ではないことに起因することが多い。

ドル/円の日足を見よう。3月17日の安値からの上昇チャンネルがはっきりしているのは言うまでもないが、各主要ターゲットも鮮明である。

例えば、5月5日高値から引かれたレジスタンス・ライン(Aライン)をブレイク・アウトした後、必然的に3月17日安値から同ラインまでの値幅(距離、約810ポイント)をブレイク・アウトのレベルから上乗せして計算できる。この結果8月15日の高値と合致していることがわかる。言い換えれば、110.60/70というターゲットの達成が4月18日にてすでに浮上した、ということになる。

そんな簡単なものなのかと、アマチュアらはこのような考え方を往々にして「バカバカしい」と受け止め、拒否反応を示すが、所謂プロほど実はこの「バカバカしい」方法を取っている。もちろん、解釈の際は、このようなアプローチでは飯を食えないので、難しいファンダメンタルズの説明を持ち出すケースが多い。もっとも、素人ほど難しい経済動向、政局変化など「マクロ」的な話題が好き、という傾向が見られる。(特に日本において)

さて、今後ドル/円が達成しやすいターゲットは113円台が浮上している。上のチャートがこの目標を導き出した根拠をはっきり画いているので、解釈は読者のお楽しみとして遠慮させていただく。

因みに、罫線引きの先見あり にて、ライン線を用いて予測したターゲットがすでに達成したように、個人投資家だからこそシンプルなテクニカル手法をマスターし、重宝すべきだ。なぜなら、評論家、アナリストになれない以上、ファンダメンタルズのお勉強をできたとしても飯を食えないし、寧ろ変な分析をしがちで、今の飯を味わえない恐れがあるからだ。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ




▶ Comment

げん さん:

   ご指摘に通り、「8/5」は「3/5」の間違いでした。お詫び申し上げます。
   
  ジュールさん、ご指摘があったにもかかわらず、こちらのミスを気付かなかったことは恥ずかしい限りです。すでに訂正しましたので、何卒今後ともよろしくお願いします。
2008.08.25 23:43 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
8/5からのライン (ジュール) として、
質問がありましたが、
自分でも同様なラインを引こうとしたところ
3月5日高値から13日高値への線が
似たような位置になるので、
「8/5」は「3/5」の間違いだと思ったのですが
いかがでしょうか?
2008.08.25 13:23 | URL | げん #79D/WHSg [edit]
牧野 さん:

  ご質問を答えるべく、新しい記事を書いたので、ご参照ください。
2008.08.21 23:16 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
ドル/円の日足を見ると、高値からの調整は概に2.5円の幅を見受けられています。イ-ストヒル社のSTOPは108.30に置いていますが、どう思われていますか?
2008.08.21 19:33 | URL | 牧野 #79D/WHSg [edit]
皆さん:
   
   こんにちは。ペイトンさんのご質問に関しては、大まかに言えば、極端にボラティリティーの拡大が見られた相場の後では、急速に戻るケースとゆっくり戻れないケースに分けられます。今回は後者のケースになりそうです。この場合、概ね戻りの値幅が限られています。

  高田さんのご質問も基本的同性質だと思っています。以上の見解をご参照ください。

  ジュールさん、チャートの不備で分かりにくかったかもしれません。申し訳ありません。基本的のはレジスタンス・ラインを引いて、その下の一番安値から垂直的にラインまでの距離(値幅)を測り、その距離をそのままラインの上(ブレイク・アウトのレベル)を加えれば、次のターゲットが見えてくるというアナリシスです。日本古来の「倍返し」の考え方に近い発想でもあります。

   
2008.08.21 18:06 | URL | 陳 #79D/WHSg [edit]
質問をひとつ。

>例えば、8月5日高値から引かれた
>レジスタンス・ライン(Aライン)を・・・

このラインの根拠が理解できていません。
ご指導いただけると幸いです。

2008.08.21 11:08 | URL | ジュール #79D/WHSg [edit]
私は豪ドルに線を引いて楽しんでます。

昨年8月と同じ下落幅で、上昇トレンド継続なら、
次のピークは 1.02 あたりではと…

昨年8月の安値:0.7674、今年7月の高値:0.9848
の半値(0.8461)割れは下落継続と解釈するべきで
しょうか?

下落幅だけで見ると、大きく反発しそうに見えて
しまいます・・・




2008.08.21 10:40 | URL | 高田 #79D/WHSg [edit]
ポンドドルの週足や月足に色々線を引いて楽しんでいます。ポジションが少ないというのは心の余裕があって非常に良いのですが、どこかで興奮を求めたがっている自分が奥底にいて(笑)。これがナンピン地獄にハマる人間の性というやつでしょうか。

陳様、私は現在ポンドドルの買いポジを保有しておりまして、金曜の安値1.8511から38.2戻しの1.9140もしくは50戻しの1.9334くらいまで狙おうと思っております。が、陳様の「個人的には戻りが限られるというシナリオに傾いている」との相場観にショックを受けております。戻りは限定的である理由を御披露いただけないでしょうか?
2008.08.20 21:03 | URL | ペイトン #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://chinfx.blog136.fc2.com/tb.php/131-76989028

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。