ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイングトレードにおけるストラテジーの有効期限

Posted by 陳満咲杜 on 19.2014 FX教室
スイングトレンドにおけるストラテジーの有効期限、マーケットにおける変動率によって違って違ってくるが、現在のようなローポラティリテイーでは、先週のストラテジーでもそのまま通用した場合がある。ドル/円の例をもって説明しよう。16日(月曜)のレポートは以下の通り:

2014年6月16日 18:03配信
本日のチャート  ドル/円  先週末ストラテジー、通用するわけ

00022.jpg
ドル/円 時間足 序列: 紫>緑>藍( クリックで拡大)

本日デイリーにおいて「新規ストラテジー」をそのまま保有している。先週末では一部成立していたわけだから、保有する自体以下の2点を意味する。1、ドル/円はなおリバウンドの余地がある。2、そのリバウンドの限界を確認できれば、戻り売りの好機と見る。その根拠は以下の通り:

既述のように、4日高値102.79から新たな下落波を展開し、推移波として5波構造を内包すると見る。同カウントでは、9日高値102.64から下落3波(紫)と数えられ、同波の延長を視野に入る。

というのは、第4調整波のトップと第1推進波のボトムが重ねないというルールで検証した場合、先週末の高値102.13は6日安値102.11を超えており、3波(紫)序列下における子波の延長を見込まれる。この場合、上のチャートで示すように、第1子波(I、緑)の延長を有力視、足元調整子波2(II,緑)の途中と見る。調整一巡後、もっとも強い子波3(緑の序列)を展開する見通し、最短でも100.70/80といた下値ターゲットに照準できるのでは。

来るべき調整子波2のトップ、102.20/30前後の可能性がもっとも大きい。同水準、以下の視点から証左される。1、調整波自体のジグザグ構造におけるN字型計算値、2、第1子波値幅に対する61.8%反騰位置、3、200時間線。従って、先週末の新規ストラテジー、本日でも通用し、再度エントリーの好機を捉えたい。


因みに、同ストラテジーとは、ショート@102.10~102.30、ストップやターゲットは〇〇〇&〇〇〇だった。

現在のチャートは以下の通り:
00022_20140619222745c4c.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

ところで、昨日の高値102.35はFOMC会合後に形成され、一時の波乱の影響を受けていた。そこで、よく質問されがちで、また切り返さし聞かれるのは、以下のものでしょう。即ち、FOMC決定次第、市況が大きく変わるので、ストラテジーを保有するリスクも大きいのでは、といった類だ。

勿論ポジションを持つ以上、リスクがある。あるからストップを入れており、またストップの水準、それなりの蓋然性がないといけない。要するに、FOMC次第とは評論家らの言葉で、トレーダーなら値動き次第のはずで、値動きによってストラテジーの間違いを証左しない限り、臆病になる必要はない。FOMC直前でもポジションを取れるし、取る自体全く問題ない。昨日の実例をもって説明しよう。

2014年6月18日 17:57配信
本日のチャート  ポンド/ドル 押し目の有無やその目途
00022_20140619224746e6a.jpg
ポンド/ドル 時間足(一部開示、クリックで拡大)

既述のように、5月安値1.6692から新たな上昇波を推進してきた上、高値更新をもって一段と上値余地を拓いている。足許の位置付けを明白にし、これからの値動きを測ってみたい。ブルトレンドの継続という前提条件では、押し目の節目を把握できれば、ロングの好機と見る。

大型上昇5波と見做した場合、1.6692を起点とした5波(紫)、第3波(紫)の延長をもっとも有力視、足元では同推進波における調整子波IV(緑)の途中と見る。同カウントでは、早晩上昇V波(緑)を展開するため、これから押し目があれば、買い好機を提供してくれるでしょう。

押し目の水準、もっとも有力視されるのは1.6905~1.6930前後、同水準、子波III(緑)押しの38.2%戻りや調整波IV(緑)自体のジグザグ変動パターン(N字型計算)によって推測され、深押しがあっても同50%押しの1.6875前に留まるでしょう。子波1(緑)のトップ(1.6845)と重ならないとの視点では、ロングポジションのストップ、1.6845前後に設定してよかろう。

調整一巡後、高値更新を図り、来るべき高値があっても子波3(紫)に過ぎず、最調整をもってまた高値更新を試すのでは。最終的に1.7100関門前後の高値トライを視野に。新しいストラテジーは以下の通り:

ロング@1.6905~1.6925、ストップ@1.6845、ターゲット@1.7065~1.7100

現在のチャートは以下の通り
00022_201406192257106b6.jpg
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

注意事項:開示したレポート、あくまで執筆時点の予想となり、現時点やこれからの市況を指示するものではありません。また、「ブルベアFX通信」は最新のレポートをもって開示したレポートと全く逆の見方を示す場合もあります。ブログのみご参考の場合、こういったリスクを十分覚悟した上、自己責任にてお願いします。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

スポンサーサイト

米雇用統計は良かったが・・・ドル下げる?!

Posted by 陳満咲杜 on 07.2014 市況分析
ドル/円は米雇用統計次第とか、雇用統計がよかったらドルは上げるとか、巷ではこういった「常識」が氾濫している。本当はどうなるでしょうか。下のチャートをご覧になっていただきたい。

0022_201406071240354f2.jpg
ドル/円  日足(クリックで拡大)

最近米雇用統計の内容とドル/円の値動きを併記したチャート(前月の統計結果、()内は大まかの事前予測)。うん、前回(5月発表の4月統計)、内容自体も、予測との比べもすこぶる良かったが、ドルは上がったのではなく、下がっていた。となると、今回も・・・・・・ちなみに、当方はこのチャートをもってドルが必ず下がるとは言っていない。言いたいのは、あまり関係ねえ・・とのことだ。市況は如何に。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


FX投資のすべてがマンガでわかる!  ザイが作ったマンガ「FX」入門FX投資のすべてがマンガでわかる! ザイが作ったマンガ「FX」入門
(2014/05/30)
陳満咲杜

好評発売中!

温故知新・円高調整は完成したか(2)

Posted by 陳満咲杜 on 06.2014 FX教室
(前回に続き)その修正、「ブルベアFX」4月末のレポートをもって行われた。29日のウィークリーレポートでは、以下のチャートを提示していた。
0022_20140606210801d72.jpg
ドル/円 日足(4月29日作成、クリックで拡大)

明らかに、もっとも大きなポイントは年初来の下落波自体の構造にある。上のチャートではジグザグ変動の可能性を併記し始め、そして同ジグザグ変動の有効性、足元まで続いていると見る。勿論、各子波(緑で表示)の数え、再三数え直すことになったが、メイン構造自体、維持されている。

ところで、度々強調してきたように、円高トレンドの進行、クロス円、特にユーロ/円の下落なしではありえない。ユーロ/円における円安トレンドが進む一方、ドル/円のみ円高トレンドに辿るわけがない。実際、4月末までのユーロ/円、大きなトライアングルを形成し、その上放れを試すように見えたからこそ、巷では円安トレンドの継続に傾いたわけだ。ユーロ/円に関して、同日レポートの記述は以下の通り。

0022_201406062126008eb.jpg
ユーロ/円  日足(4月28日作成、クリックで拡大)

※ 昨年6月安値124.95を起点とした上昇波、第5波(紫)として数え、すでに完成されたか、近々完成される公算。同見方、ユーロ/ドルのトップアウトシナリオと相俟って、目先保有される。

※ 推進波としての同波、5波構造を有し、昨年年末高値145.69をもって子波3(緑)、2月安値136.22は調整子波4(緑)を完成した公算。通常なら、これから高値更新を見込める。

※ しかし、136.22を起点とした上昇波、トライアングル型変動パターンをもってトップアウトの可能性を示唆、この場合、「5波の失敗」、つまり高値更新できずに早期トップアウトを果たす可能性。

※ ゆえに、今週143関門ブレイクの有無に注目。上放れなしでは前記トライアングルの下放れに繋がり、140割れをもって下落波の本格化に繋がる。反面、143を超えれば、上昇波の延長を覚悟、146打診も視野に


実際、143関門のブレイクがなかったので、昨年年末高値から構築されてきた大型トライアングルは上放れではなく、下放れとなったわけだ。その下放れが決定的な意味合いを持ち、目下まで続くユーロ/円はもちろん、ドル/円を含めた円高調整の行方に大きなヒントを示している。(次回に続く)

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

温故知新・円高調整は完成したか(1)

Posted by 陳満咲杜 on 05.2014 FX教室 0 comments 0 trackback
103関門手前に接近するドル/円を見て、円高調整が終了し、再びドル高トレンドに復帰したではないかという見方は増えている。果たしてそうなのでしょうか。孔子曰く、温故知新、足元の状況、4月初の状況に似ていると思うので、「ブルベアFX通信」4月第1週ウイークリーのドル/円に関しる記述を公開し、これからの市況を探ってみたい。

0022_20140605183616bbb.jpg
ドル/円 日足(4月4日作成、クリックで拡大)

※ 昨年10月安値96.56を起点とした上昇5波(紫)、1月2日高値105.44をもって完成した公算。同高値は07年高値を起点とした全下落幅の61.8%反騰位置に近い。日柄も値幅も出尽くしの公算。

※ 11年安値75.56からの上昇波は激しかっただけに、調整波が始動された場合、大型化されやすく、スパンも長いと見る。大型ジグザグ変動パターンを想定した場合、反落はまだ初歩段階。

※ 105.34を起点とした下落波、推進波として5波構造を有し、2月安値100.77をもって第1波(紫)を完成、先週高値104.12をもって大型調整波2(紫)を完成した公算。週足における塔婆風足型、同カウントを証左。

※ 従って、今週陰線引きをもって推進波(下落)への復帰を示す公算。先週安値102.79割れをもって下落を加速し、近々200日線(100.78)の打診を射程圏に収める。


4月初における見方、5月の200日線打診をもって証左されたが、その後の値動き、いくつかの修正を迫られた。但し、メインの内部構造、なお維持されていると見られ、市況をフォローして検証していきたい。

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


FX投資のすべてがマンガでわかる!  ザイが作ったマンガ「FX」入門FX投資のすべてがマンガでわかる! ザイが作ったマンガ「FX」入門
(2014/05/30)
陳満咲杜

好評発売中!

ドル/円の変動リズム・メモ

Posted by 陳満咲杜 on 04.2014 市況分析 0 comments 0 trackback
相場は常に一定の変動リズム(比例、往々にしてフィボナッチ数例と緊密な関連を示す)を保つように動く。年初来ドル/円の値動きを検証し、メモしておきたい。詳細のデータを省略するが、業者によって若干差があることにご注意。

0022_2014060419562177c.jpg
ドル/円  4時間足(クリックで拡大)

左から、すべて値幅を指す:
小文字c(藍)≒小文字a(藍)の1.618倍、大文字C(赤)≒大文字Aの1.618倍、小文字c(黒)≒小文字a(黒)の1.272倍、大文字C(藍)≒大文字A(藍)、小文字c(紫)≒小文字a(紫)の1.618倍、大文字C(緑)≒大文字A(緑)の0.786倍、小文字c(黄)≒小文字a(黄)、小文字c(緑)≒小文字a (注:1.272もフィボナッチ数列にある数字)

記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。