FC2ブログ
ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

陳満咲杜の「FXトレンドの真実」第113回

Posted by 陳満咲杜 on 19.2014 市況分析


Video streaming by Ustream


大分遅くなったが、第112回、電話出演だったので省き、13日収録の第113回をアップ。明日また出るので、乞うご期待。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

相場はそろそろ荒れるタイミング?

Posted by 陳満咲杜 on 17.2014 視点論点
01_20140119162746eec.png

前回のコラムでは、相場の急変に注意を促していたが、その後、日経平均も、米ドル/円も大きく下げた。さらに、両者ともに大きくリバウンドしてきたが、昨日(1月16日)から再び軟調に推移。目先、強弱感が入り交じっており、引き続きボラティリティーの拡大が予想される。

もっとも、先週末(1月10日)の芳しくない米雇用統計や、その後リリースされた好調な米経済指標(小売売上高)や日本の経常赤字拡大といった材料によって、米ドル/円の上下動がもたらされ、それがあたかもサプライズのような解釈もよく聞こえてくるが、実情はやや違うかもしれない。

ウォール街では、以下のコンセンサスが主流であると言われている。

すなわち、12月雇用者数伸びの鈍化は、景気回復の中断ではなく、そもそも悪天候による偶発的な結果にすぎず、また小売売上高など米経済指標もそれほど良い内容ではなかったという認識である。

また、日本サイドの経常赤字は、原油・天然ガスの輸入増に加え、大幅な円安が進行してきた結果として十分想定できたから、サプライズとは言いにくい。


全文はこちら


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

相場の春吹雪を覚悟したほうが良い!

Posted by 陳満咲杜 on 10.2014 視点論点
01_20140119162746eec.png

2013年~2014年の年末年始の相場は、やや波乱があったが、総じて米ドルの全面高基調を維持していると思う。

ドルインデックスは12月27日(金)に一時79.68の安値をつけたが、そこから順調に回復し、81の節目打診を果たした。対応するかのように、ユーロ/米ドルも同日に1.3893ドルまで高値更新してから反落、昨日(1月9日)は一時1.3550ドルを割れるところまで下落した。

こういった値動きは、2014年の相場のテーマを暗示しているようにみえる。

言ってみれば、欧米金融政策の相違は今年(2014年)になってから一段と鮮明になっていくはずで、「割高」のユーロが売られ、「割安」な米ドルが買われるのが今年のメイン基調になる公算が大きい。ユーロのブチバブルは延長されたが、これから崩壊に向かう可能性が高いとみる。

全文はこちら


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

謹賀新年

Posted by 陳満咲杜 on 01.2014 お知らせ 0 comments 0 trackback
553.png

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い申し上げます。
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート