ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森から葉を見る(1)

Posted by 陳満咲杜 on 26.2012 視点論点
相場の世界では、明日の見通しよりも5年、8年、10年後といった長期場予測のほうが当たりやすい場合は多い。なぜなら、明日の相場は天気予報と違い、現在のデータから計算された最大公約数のみではなく、その最大公約数に対する思惑と判断によって形成されるから、難しい。対照的に、長期スパンでは、こういった思惑や思惑に基づいた判断と行動がもたらす影響は小さく、最大公約数を得られやすいから、構造的には「宿命的」で分かりやすいと思われる。

天気予報の場合、明日雨との予測で人々が傘を用意するが、その行為自体と関係なく雨の降る確率は変らない。しかし、相場の場合は明日相場暴落との予測で明日を待てから売る馬鹿はいない。皆がすぐでも精一杯売り込んでしまうだろう。その結果明日ではなく本日すでに暴落しているから、明日になって逆に利益確定のニーズが高まり、買われる展開になるかもしれない。それどころか、最初の買戻しが値段を上昇させ、更なる買戻しを誘導し、値段を更に押し上げる可能性もあるから、段々高くなっていく値段は今度踏み上げ相場に繋がり、暴騰相場まで演じる可能性さえある。従って、明日の相場を予測する場合、単純に足許の状況だけではなく、足許の状況に関する市場関係者の思惑やこれからの行動パターンにも配慮しなければならないから、容易いものではない。

刻々変動する相場を葉と例えば、明日、明後日といった短期相場は木で、長期見通しは森となろう。やや逆説となるが、葉や木の状態をより正確に捉えたいなら、森の状況を正しく把握することから始まらなければならない。なぜなら、森こそ得られやすい「最大公約数」だから、森の形を確定できれば、森の一部となる木に辿れやすいし、現在の葉を摘出しやすいだろう。

幸い、前述のように、長期スパンにおける相場の構造、往々にして「宿命的」、つまりあらかじめ高い蓋然性を持つものだから、森の形を探ってみるには、そう難しいものではない。意図的に葉と木の存在を無視し、直接森全体を俯瞰すれば、答えもおのずと出てくる。


丁度古い資料(講演用レジュメ)を整理しているところで、よい例を見つかったので、開示しておきたい。

無題1
ドル/円 年足(2008年11月作成)

無題2
ポンド/ドル 月足(2009年2月作成)

上の両図は正に相場の森を俯瞰しようとした試みで作成され、またその試みはともに成果を得られ、足許の相場分析に繋がっているわけだ。詳説はまた次回。

注:ポンド/ドルの月足、安値の部分、「1995.2」は「1993.2」の間違いだった。チャート作成当時のミスなので、そのまま開示。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

セミナーのお知らせ

ラジオ番組でお馴染みのアイネット証券さん、
初の会場セミナー開催!

GMMAチャートの活用と今年終盤の相場見通し
について講演させていだきます。

詳細およびお申込みは上記リンクから!

420.jpg
スポンサーサイト

ユーロのターゲット(2)

Posted by 陳満咲杜 on 20.2012 取引手法
前回ユーロ/ドルのターゲットについて、プライス・アクションに基づく計算例を提示していた。同チャートは8月24日豊商事さんのセミナーにて提示したもので、9月7日にて1.2673というターゲットを達成した。同じロジックをもって再度検証したいと思う。

EasyCapture1_20120920231913.jpg
ユーロ/ドル 日足(クリックで拡大)

基準となる日足は黄色線で囲んで、高安値も表示している。要するに、これらの罫線はちょっと特別な存在だ。何が特別かというと、前でも書いたよう、英語で言う「inside]、「outside]、日本語で言う「包み」や「被せ」と言われる足型である。つまり、前後の罫線に比べ、その値幅が囲まれるか、逆に包容するかのどちらに属し、比較してこういったシグナルを点灯してしたわけだ。その上、関係する罫線が多いほど、また罫線自体の値幅が大きいほど、シグナルとして有効だと考えられる。

まず、8月2日の罫線、長い上髭をもった陰線で、前の4日間罫線を包んでいた。故に、その後の高値更新は上昇トレンドだけではなく、ターゲットも示唆してくれた。計算方式は簡単だ、まずその日の値幅を測り、倍返しのターゲットを算出すればよい。計算式は前回にてチャート上に表示していたので、ここでは省く。

更に、同ターゲットに達していない途中、8月28日の罫線も同じく前の二日間や後ろの二日間の罫線を包んでいたので、フォローするシグナルとして利用できる。即ち、その後の高値更新をもって1.2673というターゲットをそのまま堅持できる、というサインを発信していた。なぜなら、同じく倍返しの計算では、1.2577+(1.2577-1.2465)=1.2689となるから、8月2日罫線を根拠としたターゲットは保障された。

最後に9月7日の大陽線、値幅が大きかったので、注目していた。比べると、次の罫線、小さい値幅をもって包まれたから、11日では、9月7日高値の1.2817のブレイクをもって1.2817+(1.2817-1.2626)=1.3008というターゲットを計算されたわけ。同ターゲットは13日の高値に極めて近かった。

なお、9月7日の大陽線は力強い上昇を示していたから、8月2日罫線から得られたターゲットを達成しただけではなく、更なる高値余地の開拓を示唆していた。ゆえに、プライス・アクションのシグナルのみを基準とした場合、そのままターゲットの引き上げに繋がり、9月7日罫線自体が示すターゲットに近づくことをできる。

もっとも、強いトレンドが発生した場合、倍返しのみではなく、2倍、3倍といった計算もできる。最初の8月2日値幅を基準として計算し、2倍の1.2943は13日にて達成され、3倍の1.3213はこれから達成されるではないかと思う。市況は如何に。

Easy.jpg

為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをご参照。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

ユーロのターゲット

Posted by 陳満咲杜 on 04.2012 市況分析
「ブルベアFX通信」はいち早くユーロのリバウンドを指摘してきた。肝心なところ、やはりできるだけファンダメンタルズの材料に惑わされず、テクニカル・アプローチを忠実かつ淡々と行っていくことが重要であろう。

テクニカル・アプローチと言えども、複雑かつやや難解とされるエリオット波動論など理論から、ごくシンプルであるゆえに実戦に強いGMMAチャートとか単純なツールまで、様々の手法があるが、個人的にはシナリオをエリオット論で構築、シナリオに沿った方向にプライスアクションやGMMAチャートにおけるシグナルが合致すれば、トレードを実行に移るといったやり方を好む。最近ユーロ/ドルの実例から見てみよう。

まず、シナリオとなるが、最近配信した「本日のチャート」は8月29日(15:44)の「ユーロ/ドル 最初波の構造」だ。

eurusd0829.jpg
ユーロ/ドル 4時間足(クリックで拡大、8月29日作成)

ユーロ/ドルは想定通り切り返し、高値圏での変動を続いている。一方、上昇モメンタムの低下もみられ、ウェーブカウントの再点検で一旦トップアウトの可能性を露呈している。

上のチャートで示しているように、7月25日安値を起点とした上昇波は大型上昇ウェッジに近い形で最初の波動を完成する見通しだ。

同フォーメーションにおけるe波トップに向け、現在上昇しているが、8月16日安値1.2255を起点とした上昇波の構造に鑑み、昨日の安値をもって調整4波を完成し、最後の5波上昇を目指す。この場合、e波のトップアウトも重ねるから、その後大きな調整変動に入っていくでしょう。

5波値幅と1波等しいなら、約1.2610前後、1.5倍の延長なら約1.2655/60前後の上値ターゲットを示すが、打診した後1.2385前後の安値に向け、調整波を展開する公算。ロングポジションは1.2600関門以上にて適切な利喰いを行いたい。・・・


以上はあくまで8月29日時点の見方だが、1.2600以上にて適切な利喰いを行うというアドバイスは効いている模様。
時間足における最新の状況は以下の通り。
eurblog.jpg
ユーロ/ドル 時間足(クリックで拡大)

ところで、8月24日豊商事さんのセミナーにて、ユーロ/ドルのターゲットに関して、以下のチャートをもって提示していた。
無題
ユーロ/ドル 日足(クリックで拡大 8月24日作成)

プライス・アクションに基づく計算で、8月2日の値幅を根拠にしている。昨日1.2500まで調整を深め、また再度切り返しを果たしている以上、その蓋然性は高まると思う。ECB会議後に検証を行いたい。


注:本市況分析は単に情報の発信という目的で作成され、正確性、完全性を保証しません。また、【ブルベアFX通信】の見通しが変更された場合もあります。正式かつ最新のテクニカルアナリシスは【ブルベアFX通信】のみとします。




ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

森を見るには

Posted by 陳満咲杜 on 03.2012 市況分析
葉に視野を取られ、山が見えないから、結局大きなミスを犯しやすいと言われているが、山をはっきり見るために、意図的に葉を取ってしまう、といった大胆な発想は時に必要かもしれない。

相場における内部構造を山に例えば、値動きは葉となるだろう。値動きなしのGMMAチャートからメイントレンドをより把握できれば、試す価値がある。以下は各主要通貨ペアの日足である。

eurusd_20120903164244.jpg
ユーロ/ドル 日足(クリックで拡大)

eurjpy_20120903164357.jpg
ユーロ/円 日足(クリックで拡大)

gbpusd_20120903164436.jpg
ポンド/ドル 日足(クリックで拡大)

gbpjpy_20120903164517.jpg
ポンド/円  日足(クリックで拡大)

audusd_20120903164551.jpg
豪ドル/ドル 日足(クリックで拡大)

audjpy_20120903164630.jpg
豪ドル/円 日足(クリックで拡大)

usdjpy_20120903164709.jpg
ドル/円 日足(クリックで拡大)

こういった「葉なしの風景」を眺めていくうちに、なんとなく値動きの束縛から解消された気分だ。目先の値動きのみではなく、メイントレンドをつかめるには、「葉なしの風景」を楽しめる余裕を持ちたい。GMMAチャートの原理や応用は拙作をご参照。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


GMMA

スペシャルタイアップキャンペーン

Posted by 陳満咲杜 on 01.2012 お知らせ
キャンペン

為替の真実×アイネットFX
スペシャルタイアップキャンペーン


書籍「FX最強チャート GMMAの真実」と
レポート「秘伝・誰も教えてくれなかったGMMA」

の両方を贈呈いたします!詳しくは上記リンクをくりっく!
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。