ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクオフのオフ/節目&ターゲット

Posted by 陳満咲杜 on 26.2012 FX教室
昨日からリスクオフのムード、緩和された模様。リスクオフのオフとも言えるスピード調整、「ブルベアFX通信」は以下のように捉えている。

2012年7月24日 17:26配信「本日のチャート ユーロ/円 ターゲットの計算」

eurjpy0424.jpg
ユーロ/円 時間足(クリックで拡大)

6月21日高値101.62を起点とした下落変動は大型5波(緑大文字)構造を示し、足許ではその最終段階に位置する。延長された3波の値幅に鑑み、もっとも典型的なパターンとして5波=1波といった計算では、約94.07前後のターゲットを浮上させる。

5波自体の5波下落構造に鑑み、今朝の95.22高値を更新できなければ、そのまま最終波を展開し、前記ターゲットをトライしよう。5波構造の完成をもって底打ちを確認できれば、ユーロ/円は大きく反発する見通し。まず94円台における底打ちの有無を見極めたい。


2012年7月24日 18:13配信「本日のチャート ポンド/円  ストラテジーキャンセルの理由」

gbpjpy0424.jpg
ポンド/円 時間足

6月21日高値125.83を起点とした下落変動は大型ジグザグ型(緑大文字)と見なされ、足許ではC波下落の途中と位置づける。

一方、B波トップ(7月18日高値123.91)を起点とした下落変動自体は典型的な5波構造を示し、同序列における5波値幅が1波と同じなら、先ほど付けられた120.96といった安値に近い。(120.90前後は計算値)

7月3日高値、12日安値から引かれた下落チャネルの形成やそのサポートラインとの合致に加え、同12日高値から引かれた「トライアングル」の下放れターゲットの達成もあり、目先下げ一服感が強い。短期スパンではまず122関門の回復を目指すではないかと見る。

重要:市況の変化で本日ディリーレポートにおけるストラテジー(指値売り)をすべてキャンセルすることに。


ブルベアFX通信 デイリー2012.7.25(12:10配信)
≪ユーロ/米ドル≫
◆ 短期スパン:1.2040前後のサポートを受けスピード調整を先行、1.2130/40を再打診。1.2155/66はメインレジスタンス、ブレイクなしでは安値圏での保ち合いに留まる。反面、1.2166のブレイクをもって1.2210/20の回復を目指す。


2012年7月25日 15:50配信「本日のチャート 豪ドル/ドル 調整B波の構造」

audusd0725.jpg
豪ドル/ドル 4時間足(クリックで拡大)

豪ドル/ドルは1.0177といった安値からリバウンドを展開、底打ちの可能性を示唆している。同安値を再度切り込めなければ、豪ドルの調整一巡やブルトレンドへの復帰は予想される。

上のチャートの通り、6月1日安値0.9580を起点とした上昇変動は大型ジグザグ型と看做される。6月21日高値の1.0224をA波トップと看做した場合、調整B波のボトムを測れば、上昇C波を予想できる。

6月25日安値から変動パターンに鑑み、a-b-c-d-eのフラット型調整の公算は大きい。故に、B波ボトムはe波ボトムと重ね、1.0177前後にて完成された可能性も浮上している。

この見方は正しければ、これから展開するC波上昇は1.0475のブレイクを目指し、推進波を加速しよう。ストラテジーとして1.0200/20前後における打診買いを行い、ストップを1.0160以下に設定、1.0315以上にて買い増し、1.0600以上のターゲットを狙うのが妙味あると思う。


2012年7月26日 0:7配信「本日のチャート ポンド/ドル  調整の目処」

gbp0725.jpg
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

ポンド/ドルは調整波を続いている。12日安値を起点とした変動をA-B-Cパターンと看做し、足許ではB波ボトムに向ける段階と位置づける。

A波自体のジグザグ型構造(緑大文字)と同じく、B波自体もA-B-C変動パターンとなりやすく、C波ボトムは中段保ち合いレンジ(L)の下放れターゲットで測る場合、最大1.5415/20前後の調整余地を示す。

同波調整の完了をもって序列上のB波ボトムを完成、これからC波トップに向け、切り返しを展開しよう。1.5750の回復を目指す。


2012年7月26日 12:24配信「ブルベアFX通信 デイリー2012.7.26」
≪ユーロ/米ドル≫
◆ 短期スパン:1.2166のブレイクをもって底打ちを示唆。順次1.2200、1.2230、更に1.2325といった上値ターゲットをトライ。1.2090/2110はメインサポートゾーン。
  
◆ ストラテジー:ロング@1.2090~1.2120、ストップ@1.2040ターゲット@1.2320~1.2360
.

2012年7月26日 16:18配信「本日のチャート ユーロ/ドル 底割れ回避後の構造」
b0726.jpg
ユーロ/ドル 時間足(1部開示、クリックで拡大)

昨日ユーロは反騰、23日高値1.2145のブレイクをもって底割れを示唆、本日リバウンドを継続する見通し。

図示のように、2月高値を起点とした5波下落構造(緑大文字)、また5波自体が示す下落5波の完成は1.2040前後にて完成され、ジグザグ型切り返しをすでにスタートさせた公算。

同ロジックでは、足許をA波上昇に位置付け、A波自体のジグザグ型変動パターンに鑑み、昨日高値は同序列下におけるa波を完成した公算。b波調整は1.2100前後に留まれば、高値を再更新し、c波上昇をもって19日高値から引かれる抵抗ラインをトライしよう。
1.2325/35はメインターゲット。

また、a=cを想定し、逆計算によるb波押しが1.2113前後にてすでに完成された可能性もあり、ロングのエントリーとして、成り行き買い(1.2150)も試したい。





ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信
スポンサーサイト

ユーロ/円 今週の目玉になる訳

Posted by 陳満咲杜 on 24.2012 市況分析
昨日ラジオ番組にてユーロ/円が今週の目玉であることを強調していた。理由は以下の通り。

eurjpymm.jpg
ユーロ/円 月足(クリックで拡大)

上のチャートが示しているように、08年安値から大型下落ウェッジといったフォメーションを形成し、現在その下限ラインをトライしようとしている。08年から構築されてきただけに、本格的な下放れがあれば、2000年安値をもう一回トライするか、更新するリスクさえ浮上させるだろう。

一方、ポピュラーな見方であるが、こういった下値リスクを警戒する必要があるものの、同ライン前後にて底打ちの可能性にも留意しておきたい。根拠は以下の通り。

1、プライマリーサイクルが示す11年/12年サイクルはそろそろ底打ちを示唆。(数字1)
2、前述のように、08年安値から構築された大型下落ウェッジ、底打ちのパターンとして典型的。(数字2)
3、RSIなどオシレーター系指標が長期に渡る強気ダイバージェンスの構築。(数字3)

最後に、2000年安値から構築され、足許位置しているプライマリーサイクル自体が右トランスレーション(強気構造)であることも見逃せない。当然のように、クロス円としてのユーロ/円の底打ちがあれば、ユーロ/ドルとドル/円の値動きに影響を当たる。市況は如何に。


注:本市況分析は単に情報の発信という目的で作成され、正確性、完全性を保証しません。また、【ブルベアFX通信】の記述と異なる場合もあります。正式のテクニカルアナリシスは【ブルベアFX通信】のみとします。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


GMMA

本日達成されたドル/円のターゲット

Posted by 陳満咲杜 on 23.2012 FX教室
ストラテジーに反映していなかったものの、先週金曜日の「ブルベアFX通信」では、「本日のチャート」(17:17配信)をもってドル/円の下値ターゲットを提示していた。本文は以下の通り。

usdjpy0720.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)

6月25日高値80.63を起点とした下落変動、大型AーB-Cのジグザグ型をもって足許C波下落を続いていると思われる。この見方が正しければ、ドル/円の下値目処はC波の構造から測れるではないかと思う。

上のチャートが示すように、C波自体を5波下落構造と見なし、昨日安値をもって同3波下落を完成した疑い。本日4月調整を経て再度安値を切り込む展開になる可能性が大きい。

4波調整(切り返し)の目処に関して、B波トップ80.10を起点とした全下落変動に対する38.2%の79関門やC波が示す下落チャネルの上限との整合性に鑑み、78.90~79.07(3波序列下におけるiv波トップ)はもっともメインレジスタンスゾーンとなり得る。同レベルの突破なしでは下落変動を続き、第1波と同じ値幅なら、78関門のトライを射程圏。反面、前記レンジスタンスの突破があれば、C波構造を最点検に必要に迫られ、早期底打ちの可能性につながるが、目先下値リスクの警戒により傾ける。







ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

昨日のストラテジーから本日の市況をチェック

Posted by 陳満咲杜 on 19.2012 市況分析
一昨日(火曜)に続き、昨日配信(12:16)した「ブルベアFX通信」のストラテジーを挙げ、CMMAチャートをもって足許市況を探ってみたい。

usdjpy_20120719164308.jpg
ドル/円 日足
◆ ストラテジー:見送り

eurusd_20120719164357.jpg
ユーロ/ドル 日足
◆ ストラテジー:見送り


eurjpy_20120719164503.jpg
ユーロ/円 日足
◆ ストラテジー:ロングポジションを堅持、ストップの96.00以下やターゲットの○○前後は不変。新規は見送り。

gbpusd_20120719164627.jpg
ポンド/ドル 日足
◆ ストラテジー:ロングポジションを堅持、ストップを1.5560以下と上方修正、ターゲットの○○前後は不変。新規は1.5615を下限に押し目買い、ストップやターゲットは前記同様。
注:昨日安値は1.5580(アイネット証券)、新規ポジション成立。

gbpjpy_20120719164912.jpg
ポンド/円 日足
◆ ストラテジー:ロングポジションを堅持、ストップは122.70以下と上方修正、ターゲットの○○前後は不変。新規は124.15以上にて逆指し買い、ストップは123.30以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は123.09、高値は123.91(アイネット証券)、新規ポジション不成立。

audusd_20120719165238.jpg
豪ドル/ドル 日足
◆ ストラテジー:ロングポジションを堅持、ストップは1.0200以下と上方修正、ターゲットの○○前後は不変。新規は1.0260を下限に押し目買い、ストップやターゲットは前記同様。
注:昨日安値は1.0288、(アイネット証券)、新規ポジション成立。

audjpy_20120719165446.jpg
豪ドル/円 日足
◆ ストラテジー: ロングポジションを堅持、ストップは80.40以下と上方修正、ターゲットの○○前後は不変。新規は81.15を下限に押し目買い、ストップは80.65以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は81.24(アイネット証券)、新規ポジション成立。

注:本市況分析は単に情報の発信という目的で作成され、正確性、完全性を保証しません。また、【ブルベアFX通信】の記述と異なる場合もあります。正式のテクニカルアナリシスは【ブルベアFX通信】のみとします。






ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ストラテジーで見る市況

Posted by 陳満咲杜 on 18.2012 市況分析
昨日配信(12:54)した「ブルベアFX通信」のストラテジーを挙げ、CMMAチャートをもって市況を探ってみたい。

usdjpy_20120718123622.jpg
ドル/円 日足
◆ ストラテジー:見送り

eurusd_20120718123720.jpg
ユーロ/ドル 日足
◆ ストラテジー:1.2240を下限に押し目買い、ストップは1.2200以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は1.2189(アイネット証券)、ポジションは決済。


eurjpy_20120718124145.jpg
ユーロ/円 日足
◆ ストラテジー:96.40を下限に押し目買い、ストップは96.00以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は96.40(アイネット証券)、ポジションは堅持。

gbpusd_20120718124346.jpg
ポンド/ドル 日足
◆ ストラテジー:1.5580を下限に押し目買い、ストップは1.5515以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は1.5553(アイネット証券)、ポジションは堅持、ストップは1.5560以下と上方修正された。

gbpjpy_20120718124604.jpg
ポンド/円 日足
◆ ストラテジー: 122.90を下限に押し目買い、ストップは122.40以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は122.95(アイネット証券)、ポジションは堅持、ストップは122.70以下と上方修正された。

audusd_20120718124757.jpg
豪ドル/ドル 日足
◆ ストラテジー:1.0220を下限に押し目買い、ストップは1.0160以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は1.0234(アイネット証券)、ポジションは堅持、ストップは1.0200以下と上方修正された。

audjpy_20120718125038.jpg
豪ドル/円 日足
◆ ストラテジー: 80.50を下限に押し目買い、ストップは80.00以下、ターゲットは○○前後。
注:昨日安値は80.68(アイネット証券)、ポジションは堅持、ストップは80.40以下と上方修正された。

注:本市況分析は単に情報の発信という目的で作成され、正確性、完全性を保証しません。また、【ブルベアFX通信】の記述と異なる場合もあります。正式のテクニカルアナリシスは【ブルベアFX通信】のみとします。



お陰様で2刷り決定!





ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。