ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロス通貨ペアから相場を読む(1)

Posted by 陳満咲杜 on 25.2012 FX教室 0 comments
007.jpg


「クロス円の動きが理解できてはじめて為替相場が理解できる」・・・ある外資系バンカーが著作の中このような目次を設けていることを見て、ちょっと悔しく思いをした。というのは、自分がこういったテーマを取り上げ、次回の本に纏めたかったからである。

しかし、より相場の全体像を掴むには、円絡みの「クロス円」に限定するのではなく、「クロス通貨ペア」全般の値動きをフォローする必要がある。故に、今回記事のタイトルを「クロス通貨ペア」にした。よい実例が出たら、随時アップしていき、シリーズ化でもできればよいと思う。


まず、クロス通貨ペアの定義とは、交換関係にある両通貨のどちらも米ドルが入っていない通貨ペアである。勿論、その内の一方が円が入っていれば、クロス円というカテゴリーに入る。

次に、クロスという名称の由来に重要な意味を持つ。つまり、ドルストレート(ドルとその他外貨)通貨ペアのレートがクロス通貨ペアのレートを決める仕組みで、それぞれのビットとオファーを交差(クロス)させ、掛け算で算出する必要があるから、クロスいった呼び方が定着していたわけだ。イメージは以下の通り。
cross.jpg
(クリックで拡大)

要するに、理論上、すべてのクロス通貨ペアがドルストレート通貨ペアによって決定され、外貨同士の売買でレートが決定されるわけではない。但し、実際のインターバング市場では、ユーロ絡みのクロス通貨ペア(ユーロ/円、ユーロ/ポンドなど)がかなり活発に取引され、逆にドルストレート通貨ペアのレートに強い影響を及ぼす場合も多い。

一方、前記の例として挙げられた豪ドル/円あたりになると、ほぼ直接な取引なしで、レートが図示のように、ドル/円と豪ドル/ドルのレートの掛け算で合成される仕組みだ。ちょっと大げさな言い方をすれば、ユーロ/円を除き、ほぼすべてのクロス円通貨ペアのレートはリアルな取引ではなく、コンピューターによって随時計算された「バーチャル」な数字である。

この点を理解できれば、クロス円を含め、クロス通貨ペアから為替相場を読む意義、或いは必要性をおのずとお分かりいただけるだろう。つまり、掛け算でレートが算出されるからこそ、クロス円通貨ペアの動向から外貨同士それぞれ対米ドルの動向を逆算して推測でき、ドルストレート通貨の動向と状況をより把握でき、相場全体図をより精確に掴めるわけだ。ドルインデックスやドルストレート通貨ペアのみでは見えない部分が見えて来るから、クロス通貨ペアは実に重宝される存在だ。

では、最近の実例を見てみよう。「ブルベアFX通信」2月17日16:11配信「本日のチャート 豪ドル/円 ダイバージェンスの示唆」のチャートと本文は下記の通りである。

audjpy0217.jpg
豪ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

豪ドル/円はほぼ一本調子に上昇している。

トレンド系の堅調で当面上値ターゲットを狙いやすいだろう。一般的な見方として、昨年11月高安値値幅(72.04~83.98)と同じなら、昨年11月安値の74.78を起点とした今回の目標は86.72前後と見られる。また、昨年12月2日高値の80.51からサポートラインまでの垂直距離をそのまま上乗せした場合、86.24というターゲットを得られる。

しかし、4時間足で見る限り、ブルトレンドを継続しているにもかかわらず、オシレーター系指標らが追随しておらず、寧ろ弱気ダイバージェンスが構築されているように見える。

クロス円なので、豪ドル/ドルが当方の予想ほど上がらないか、ドル/円が近々頭打ちで反落してくるのどちらかを暗示しているかもしれない。故に、86.60/70以上の高値追いには目先慎重な姿勢を取りたい。


その後の値動きは下記の通り。

audjpyb0228.jpg
豪ドル/円 日足(クリックで拡大)

注意していただきたいのは、レポートを出した17日ではすでに85円台を乗せていたが、24日にてやっとターゲットを達成したもので、かなり時間がかかり、スピードが遅かった。27日一旦高値更新したものの、やはり陰線引けとなり、17日にて指摘していた高値警戒感を解消しきれずにいる。この意味では、17日のレポートは適切な予測を行ったと思う。

今回前記のレポートを引用する目的はレポート自体の正誤ではなく、最後の「クロス円なので、豪ドル/ドルが当方の予想ほど上がらないか、ドル/円が近々頭打ちで反落してくるのどちらかを暗示しているかもしれない」の部分が肝心であったことを説明しておきたい。

言って見れば、17日の時点、豪ドル/円に関する見方が正しければ、豪ドル/ドルとドル/円のどちらかが上昇スピードを落ちてくることも想定せざるを得なかった。実際、周知されるように、ドル/円がほぼ一本調子の上昇を27日朝までに続き、結果的には豪ドル/ドルの中段保ち合いを強く示唆するシグナルとなっていた。

だから、21日11:26配信ディリーでは、豪ドル/ドルについて下記のように予想していた。

「◆ 短期スパン: 1.0820手前のレジスタンスを受け、調整をやや長引く、1.0680割れがあれば、最大1.0600前後まで反落してから切り返す。」

その後豪ドル/ドルの値動きは以下の通り。
sudusd4b0228.jpg
豪ドル/ドル 4時間足(クリックで拡大)

当然のように、豪ドル/ドルの反落、そして安値の目安を予測できらのは豪ドル/ドル自体の変動パターンに基づく分析が重要だったが、強調しておきたいのは、前記豪ドル/円から得られたヒントのほうも大きかったのである。マーケットにおけるアナリシスは総合的かつ整合的であればあるほどほど有効であるからだ。

実際、このような分析の甲斐があって、我々に取引の好機を教えてくれていた。取引における応用例はまた次回に。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


GMMA

スポンサーサイト

生兵法は大怪我の元

Posted by 陳満咲杜 on 17.2012 FX教室 0 comments
通貨480

昨日ユーロ/ドルは一時1.3000割れとなり、ポンド/ドルも17日安値の1.5644に迫っていた。

巷では、ユーロの1.3000割れを更なる下落のサインと捉える向きが多く、ポンド/ドルに関しては、三尊型だ、ヘッド&ショールダーズだと騒ぎ、売り推薦も多かっただろう。

こういった見方、或いは取引に関するアドバイス自体を特に問題視しないが、まず指摘して起きたのは、ユーロ/ドルの1.3000関門割れにしても、ポンド/ドルの三尊型にしても、一昨日の段階になってから指摘する声を多数聞こえてきたが、当方のように13日朝の時点(14日記事を参照)から明確に示した方が少ないと思う。つまり、相場の一歩先ではなく、一歩遅れた予測であった。

もっとも、相場より一歩遅れでも十分利益を上げられる場合も多く、また確実な取引を行うため、相場より先走りしてはいけないことも重要である。しかし、一歩遅れた行動自体の発想がどこに由来するかによって問題になる場合も多い。典型的な例は、やはり「生兵法は大怪我の元」という諺が示しているように、教科書を鵜呑みし、教科書のケースをリアル相場に当て嵌まる傾向が挙げられる。

故に、昨日ユーロ売り、ポンド売りを仕掛けた者は失敗していた。なぜなら、彼等の多くは週明けのトレンド反転のチャンスを見逃していた分、教科書通りのパターンの出現を指を咥えて我慢して待っていた分、昨日ほど売りの衝動に駆けられた相場はなかったからだ。

では、「ブルベアFX通信」はどう見ていたか。昨日配信したレポートをそのまま掲載することに。

本日のチャート ユーロ/ドル 1.3000関門割れの意味合い(16:28配信)

eurusd0216.jpg
ユーロ/ドル 時間足

我々の予想通り、ユーロ/ドルは1.3000関門割れとなった。しかし、市場大半の見方と反対に、当方は1.3000関門割れをユーロ続落のサインとして捉えず、寧ろ底打ちのサインとして見据えておきたいと思う。(中期スパンを参照)

もっとも、1.3322を起点としたユーロの下落は1.2623(1月13日安値)から始まったラリーに対する調整で、ペアトレンドへ復帰するには時期尚早。故に、1.3322を起点とした下落変動は調整波の構造を持ち、図示のように、5波変動におけるd波のトップがa波ボトムと重ねていることが分かる。

1.2623を起点とした全上昇幅の半分押しは1.2973と示し、下落チャネルの下限と合致。その上、足元進行中のe波が最大a波の1.618倍と計算した場合、1.2920前後というターゲットを出せるが、オシレーター系指標の状況に鑑み
更なる深押しのモメンタムに欠けるではないかと見る。ユーロ/ドル、そろそろ底打ちのタイミングに迎えよう。

本日のチャート ポンド/ドル 生兵法は大怪我の元?(17:16配信)
gbpusd0216.jpg
ポンド/ドル 時間足

1.5929をトップとした「ヘッドアンドショルダーズ」といったフォメーションの下放れを受け、マーケット関係者らは同パターンから算出されたターゲット(1.5530前後)に虎視眈々であろう。

しかし、教科書通りに行かないのが寧ろ相場の常であるように、注意深く現状をフォローせずにして結果のみ鵜呑みしては、紙上の兵法、つまり生兵法になりかねない。

図示のように、1.5929を起点した下落変動を5波構造と見なす場合、足許では最終変動に位置され、下落ウェッジの形成も底打ちに近いことを示唆。a波と同じ波長なら、1.6000関門前後がターゲットとなり、本日1.5644を下回れなければ、e波の失敗もあり得る。ショート筋を踏み上げるポイントは1.5734、安値更新の有無と関係なく、1.5734を上回れば調整波を終焉させ、ブルトレンドに復帰しよう。


当然のように、昨日ギリシャ問題に関する進展があったから相場が反転したことを否めない。但し、単純にギリシャの材料頼りにした「運試し」であったではないことも明白だ。何しろ、第一にレポートを配信していた時点、当方もファンダから何が出ってくるかは知らないし、ユーロの1.3000関門割れの中、寧ろ更なる悪材料が出る確率のほうが大きかった。第二、ユーロ/ドルの1.3000関門割れ、そしてその割り込みがトレンド反転のシグナルであることを別に昨日から提示したものではなく、13日のウィークリーレポートから言及している。以下は一部開示。

13日配信ウィークリーレポート:※調整b波は半分押しの1.2975前後に留まる可能性を有力視、その後c波反騰に入り、○○に迫ろう。今週調整先か。

14日配信ディリーレポート:◆ 中期スパン:1.3322前後(100日線)にて一旦頭打ち、調整を先行させ、1.3000割れをもって反落を一服させる公算。その後切り返し・・・・・(@2/14)

このように、昨日ユーロなど外貨の切り返しが一見材料絡みの相場の気まぐれだが、本当のところは蓋然性が高く、きちんとした裏づけのある論理整然な値動きだ。

ありきたりの相場解説、後講釈に振り回されないように、為替相場における「宿命」的なポイントを見抜ける必要がある。そのためにも「生兵法は大怪我の元」といったリスクをしっかり認識しておきたい。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

☆口座開設キャンペーン中☆

アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認


◎本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説されたスペシャルレポートがもらえます。レポートの内容については"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"をご参照ください!

GMMA,FX,トレンドの確認
アイネット証券GMMA,FX,トレンドの確認ならGMMAGMMA,FX,トレンドの確認が一発で表示できる!
しかも低スプレッド(USD/JPYde0.7~1.0銭)!


→TOPページへ

強いトレンドの特徴は?

Posted by 陳満咲杜 on 17.2012 FX教室
強いトレンドの特徴、トレンド系、オシレーター系といったテクニカルアナリシスの手法からいくらでも羅列できるが、本日はやや違った視点で説明したい。昨日のドル/円は好例だ。

以下は16日15:37配信した「本日のチャート」である。

usdjpy0216.jpg
ドル/円 時間足(クリックで拡大)


76.02を起点とした上昇ウェーブは完璧なブル構造を維持、MACDのブルシグナルと相俟ってトレンドの堅調さを示唆。

上昇3波は通常延長波であり、ブルトレンドほどその自体も5波上昇構造になりやすいといった原則に照らし、78.68が76.02を起点とした強いラリーの終点ではなく、延長された3波のトップに過ぎないと判断できる。

よって、調整4波を経て5波上昇に復帰、上昇チャネルの上限をトライする公算が大きい。問題は78.18のサポートを割らずに78.60のブレイクがあれば、そのまま5波をスタートする可能性さえあることだ。要するに押し目待ちの押し目なしといったリスクのほうがより大きいかもしれない。ターゲットに関しては79.20前後を目安としたい。


実際、配信直後、ドル/円は懸念されたように、「そのまま5波をスタートした」のであった。

纏めてみると、ケーススタディとして昨日のドル/円は我々に以下の二つ特徴を教えてくれたでしょう。

1、強いトレンドほどエリオット波動論の原則と合致
2、強いトレンドほど押し目待ちに押し目なし

ちなみに、強いトレンドほど敗者の数に比例しているから、IMM先物市場に積み上げられてきた円買いポジションの踏み上げが大分発生したことも容易に推測できる。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


GMMA

一歩先を行くには

Posted by 陳満咲杜 on 14.2012 FX教室
ライン011_480

リアル取引において相場より先走りしてはいけないが、ストラテジーやシナリオの構築するにはどうしても相場の一歩先を読む必要がある。それに、他人より一歩先に行くためにも、常に正しいロジックで相場の兆しを掴む必要がある。

勿論、一歩先を行くのは容易いものではない。しかし、当方から見れば、相場の理を悟れば、一歩先を行くことも言われたほど難しくない。重要なのは正しいロジックを持ち、適切なアプローチ手法を確保すること。それに、何より重要なのは自らのロジックに自信を持ち、他人に流されないように全うすることである。

今週月曜日からの相場の動きが好例であり、ケーススタディーとして復習すべきであろう。

月曜日朝一からギリシャ議会の財政緊縮方案可決が伝われ、ユーロ/ドルが先週末の安値から一時跳ねてきたが、長く続かず頭打ちしてから反落、本日午後まで安値を更新していた。

当方から見れば、このような値動きになったことは全くのサプライズではなく、寧ろ当然な結果であり、取引のチャンスを提供してくるきかっけでもある。このような判定を下せるロジックは先週のザイコラムでも書いていたので、そのまま引用することに。

1月13日(金)、S&P(スタンダード&プアーズ)によるフランスなどEU諸国の格下げという悪材料が出て、ユーロは一旦底打ちした。

それと似たようなことで、今度はギリシャに関して何らかの合意がなされるという好材料が出れば、ユーロの騰勢は一旦一服してもおかしくないだろう。

つまり、織り込まれた「悪材料」の出尽くしで反発したのであれば、期待された「好材料」の実現で反落といったパターンもあり得る、ということだ。これが短期スパンでの注目ポイントになる。


文章は金曜日の午前10時前後の執筆だったが、ギリシャ絡みの好材料が出てくることを寧ろ蓋然性の高い出来事として想定しておかないほうがおかしい。というのは、材料が往々にして値動きの後についてくるから、1月13日から大きく切り返してきたユーロのパフォーマンスが好材料の出現を暗示してからだ。

当然のように、「ブルベアFX通信」はこういった可能性を見逃さなかった。13日午前中(9:56)「本日のチャート ギリシャ財政緊縮法案可決を受け」を配信、以下のようにチャート添付して説明していた。

度々指摘してきたように、ユーロを始め、主要外貨対ドルの切り返しが1月13日の「S&Pショック」で始まったことに鑑み、今朝報道されるギリシャ議会による財政緊縮法案可決はドル安一報をもたらす蓋然性が大きい。

ユーロのショートポジションがなお多数存在し、切り返し自体がなお続く公算が高いが、スピード調整のタイミングが合っているだけに、目先調整的な値動きになる公算が高い。

なお、一般論として、マスコミの見方がリアル相場に一歩遅れる傾向が強いから、ロイター記事のタイトル「今週のドル/円は底堅い展開へ、ユーロはショートカバー優勢か」もスピード調整の可能性を示唆するものと見る。

以下は各通貨ペアの時間足。シンプルなアプローチと簡単なコメントのみ記しており、詳しくは本日のウィークリーレポートをご参照。

eurusd_20120214234347.jpg

ユーロ/ドル 時間足(クリックで拡大)
gbpusd_20120215002515.jpg

ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)
usdjpy_20120215002537.jpg

ドル/円  時間足(クリックで拡大)
audusd_20120214234510.jpg
豪ドル/ドル 時間足(クリックで拡大)

このように、相場の一歩先を予測し、シナリオを明示できたことは単にテクニカルアナリシスだけではなく、理外の理とされる相場のロジックに沿った正しいアプローチも非常に役に立っていた。ちなみに、13日朝急いで配信していたやや荒いチャートでも、相場の急所をしっかり指摘し、現時点でも十分通用し、恐らく明日か明後日の値動きを説明できれるヒントが含まれていると思う。

シナリオがしっかり固めたので、落ち着いてしてより精密なストラテジーを提示できたわけだ。13日午後( 17:30)、ユーロ/ドルとポンド/ドルの「トレーディング・テンプレート」を配信、以下のように売買のポイントを明示した。
eurusdt_20120215002713.jpg

ユーロ/ドル 時間足(クリックで拡大)
gbpusdt.jpg
ポンド/ドル 時間足(クリックで拡大)

その後のリアルチャートと見比べれば、エントリーのポイントとターゲットのポイントがかなり精確でほぼぴったりであったこともお分かりいただけると思う。

他人より一歩先を行くには、知性、経験と勇気が必要だが、何よりも重要なのは正しく相場の理を理解することである、といっった理屈をお分かりいただけたでしょうか。読者の皆様、次回はあなたの番だ、ぜひ「お先に」と聞かせていただきたい!


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信

【PICK UP】スプレッド縮小でドルストレートの取引チャンス

Posted by 陳満咲杜 on 11.2012 お知らせ
FX取引において、気になるコストのひとつがスプレッド。
特に頻繁に取引するデイトレーダーにとっては、
少しでもスプレッドの狭い取引業者を使いたいところだろう。

業界最少水準のスプレッドを誇ってきたのがCMC Markets Japanfx,為替だ。
CMC Markets Japanfx,為替といえば、世界で初めてリアルタイムの
オンラインFX取引ソフトウェアの提供を始めた、世界的パイオニア。
日本においても豊富な通貨ベア、スペシャリストによる安心サポートなど
質の高いサービスを提供してきた。
スプレッドもドル円原則固定0.7銭と業界最少水準となっている。
そんなCMC Markets Japanfx,為替で、最近、さらにスプレッドが縮小された。

対象は以下の通貨ペアだ。
USD / AUD       0.7
USD / EUR       0.7
USD / GBP       0.9
USD / NZD       3.8
USD / CAD       1.7
USD / CHF       1.9

ユーロドル、ポンドドルは業界最安値となる。

日本人にとってはクロス円がなじみやすいが
世界の経済はドル中心。
比較的取引量の多いドルストレートには、
テクニカル分析があてはまりやすいというメリットもある。
スプレッド縮小を機にこれらの通貨ペアで
取引してみるのも良いかも。

(陳アソシエイツスタッフ)


業界最少水準のスプレッド!
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。