ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMMAで学ぶFX取引(2)

Posted by 陳満咲杜 on 21.2011 FX教室
GMMA

諸事に忙殺され、ラジオ番組後の更新が遅れたことをお詫び申しあげる。順番を追ってアップしていくつもりである。

まず、GMMAで使う12本の移動平均線はすべてEMAとなるから、まずEMAを理解しよう。EMAとは指数平滑移動平均線のことで、SMA(シンプル移動平均線)と比較すればよく分かると思う。

1128a.jpg

ドル/円 時間足 (クリックで拡大)

上のチャートでは、赤線がSMAで、藍線がEMAとなる。単純に見ていくと、EMAのほうがSMAより、値動きに敏感で、またより値動きに沿った変動を示す。単純だが、これだけで十分だと思う。

EMAの計算式は以下の通り。

  一日目の計算方法は、単純移動平均と同じで、対象期間における終値の平均

  二日目以降を「前日の指数平滑平均+k×(当日終値-前日の指数平滑平均)」

  k=2÷(n+1)、 n=期間

要するに、EMAは常に直近の終値に2倍の比重をかけているから、より値動きに敏感になってくるわけだ。故に、SMAに比べ、より早い反応となり、トレンドの転換点を早めに認識させるといったメリットがある。

当然のように、メリットがあれば、デメリットもある。それは皮肉にもその名である「指数平滑」の平滑化(スムージング)がSMAに比べ、出来にくくなるといったところだ。この意味では、究極な平滑指数はやはりシンプルなSMAとなる。

結論から申すと、大した差がないが、GMMAの発明者がEMAを使ったから、我々もEMAを使う、これに尽きる。

GMMAチャートでは、計12本のEMA線を使う。それぞれ3、5、8、10、12、15と30、35、40、45、50、60の期間に設定される。周期が比較的に短い6本を短期組、周期が長い6本を長期組に分けるのがGMMAの大きな特徴の一つだ。下のチャートがドル/円の週足となるが、GMMAの特徴を示す好例である。
1128b
ドル/円 週足 (クリックで拡大)

ちなみに、チャートはアイネット証券さんのものを使用しているため、最初の設定が長期組を赤色、短期組をブルー色で表すことになっており、そのまま使用しているだけで、特に長期組が赤でないと駄目とか、といった規定はない。詳説はまた次回。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



☆口座開設キャンペーン中☆

アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認


◎本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説されたスペシャルレポートがもらえます。レポートの内容については"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"をご参照ください!

GMMA,FX,トレンドの確認
アイネット証券GMMA,FX,トレンドの確認ならGMMAGMMA,FX,トレンドの確認が一発で表示できる!
しかも低スプレッド(USD/JPYde0.7~1.0銭)!




→TOPページへ
スポンサーサイト

一葉落ちて天下の秋を知る

Posted by 陳満咲杜 on 11.2011 FX教室
FX取引はレバレッジを掛けたものなので、刻々と変動するレートに資産の増減は10倍、20倍にも拡大される。よって初心者は目先のレートばかりに気を取られ、大きな流れ(トレンド)を見逃しがちだ。

しかし、目先の値動きを葉と例えれば、日々の変動は木になる。そして、週間の値動きは林となり、それ以上の値動きを森と見なせる。何を言いたいのかというと、中国の諺「一葉蔽目不見泰山」のように、葉に視野を取られるようでは、山が見えないから、結局大きなミスを犯しやすいということだ。逆に言えば、「一葉落ちて天下の秋を知る」といった次元に達するには、長い歳月の修練が必要だ。これは取引だけではなく、世の中すべてに通じる真理でもある。

従って、初心者は目先に損得ばかりに囚われず、意図的に長期視点を持つよう自ら訓練を課す必要がある。方法はいろいろあるが、為替相場に臨む場合、やはり週足や月足、場合によっては年足をよく眺め、その内部構造に沿った見方を持つことが重要であろう。

例としては10月31日出したマンスリーレポートにおけるドルインデックスのチャートと記述を開示しておきたいと思う。会員レポートからの転載だから、厳密に言えば、またレポートの見本となるが、注意していただきたいのは、当方の見方が仮に市況の進展を予測できたもので、日々のレポートも会員様の利益にもつながるものであれば、それは決してEUソブリン危機云々といったファンダメンタルズに基づくものではなく、あくまで市場の内部構造の解明に集中した結果であり、日々の「葉」や「木」の解読も長期視点をもった「森」へのアプローチがあったこそ成り立ったわけである。

IDXMb.jpg

ドルインデックス  週足(クリックで拡大、10月31日作成)


※ 2001年高値(121.00)起点とした下落変動は三段下げの形で2008年
安値(70.79)をもって終了し、大型のトライアングルの形成をもって
底打ちを図る。

※ 5月安値(72.70)を起点とした切り返しはトライアングルの下限を
確認した形となり、図示のように、38ヶ月サイクルは5月安値をもって
底打ちした公算。

※ 5月安値をもってジグザグ型変動パターンのdの終点に達成し、
足許ではe波を展開する途中で、10月3日高値からの急落はあくまで
調整的な値動き。

※ 74レベルは重要なサポートポイント、ドルインデックスの調整は
そろそろ一服し、80関門のブレイクに向かい、再度リバウンドしてく
るだろう。但し、83/84のトライは年越しか。



ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


→TOPページへ

GMMAで学ぶFX取引(1)

Posted by 陳満咲杜 on 09.2011 FX教室
GMMA

第一回目の番組では、GMMAは移動平均線の延長で、結局移動平均線の本質を把握しないと理解できないことを強調した。

では、移動平均線の本質とは何か。究極的には、それは「売買コスト」であることを覚えていただきたい。通貨ペアを商品として見る場合(複雑にしないため、通貨ペアのうち前に表記される通貨のみを考えよう、例えばドル/円ならドル、ユーロ/円ならユーロといった具合に)、人気のある商品に常に買い手が現れ、他人より早めに手に入れようとするから、売買コストが上昇しがちで、また上昇したからこそ、新たな買い意欲が刺激され、更なる高い値段が提示される。それだけではなく、売り手もコストの上昇につれ、売り惜しみになりがちなので、値段の上昇に拍車をかける。


このような状況が続くうちに、現在より近い売買コストは往々にして昔の売買コストより高く、また値段も売買コストを上回る状態が多い。反面、人気のない商品は逆に常に売買コスト以下に売られがちで、現在に近い売買コストも昔のコストより安くなっている傾向が強い。場合によっては、値段の下落によって、買い手の損失覚悟の投売りで暴落し、売買コストとの値段差がかなりの開きになることもよく見られる。

現在に近い売買コストを表す移動平均線はいくつかをまとめて短期組と呼び、短期組より時間スパンの長い移動平均線の集まりを長期組と見なし、GMMAチャートは両組の移動平均線をもってその位置関係と力関係を表す。アイネット証券さんのチャートでは、長期組をピンク色、短期組を青色で表している。

では、月足、週足、そして日足の順番でドル/円におけるGMMAチャートを見てみよう。

usdjpym.jpg
ドル/円 月足(クリックで拡大)
usdjpyw.jpg
ドル/円 週足(クリックで拡大)
usdjpyd.jpg
ドル/円 日足(クリックで拡大)

どう見れるだろうか。月足でも、週足でも、値段(レート)が下がりつつ、長期売買コストを表すピンク色の移動平均線が短期売買コストを表す青色の移動平均線の上に位置し、短期組の移動平均線も常にレートを押さえ込んでいる様子がはっきりしているだろう。それは他ならぬ、ドルという商品が極めて不人気で買い手が見付からず、売り手が常により安い値段を提示しないと買ってくれる者がなかなか現れないことを物語る。

比べると、日足も総じてドルの不人気ぶりを露呈し、3月震災後のG7の共同介入後を除き、短期売買コストが常に長期売買コストより安かったことが多いが、最近になってちょっと違った状況を示すようになったこともお分かりいただける。勿論、それは日銀の介入でもたらした現象(B)だが、現時点それをもって必ず介入が成功したとは判定できないが、8月の介入時点(A)と見比べると、短期売買コストと長期売買コストの関係が違っていたことも
お分かりになると思う。このような位置関係や比較によって、実はいろいろな売買シグナルを発見でき、取引の好機の把握につながることも多いので、詳細は毎回番組後の本コラムで明らかにしていきたい。乞うご期待。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



☆口座開設キャンペーン中☆

アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認


◎本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説されたスペシャルレポートがもらえます。レポートの内容については"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"をご参照ください!

GMMA,FX,トレンドの確認
アイネット証券GMMA,FX,トレンドの確認ならGMMAGMMA,FX,トレンドの確認が一発で表示できる!
しかも低スプレッド(USD/JPYde0.7~1.0銭)!



→TOPページへ

家にいながらチャート解説が聞ける!  新番組スタート

Posted by 陳満咲杜 on 03.2011 お知らせ
陳満咲杜の新番組が11月7日(月)にスタートします!

その名も
ビジュアルでわかるGMMA!陳満咲杜の「FXトレンドの真実」
(ラジオNIKKEI 毎週月曜日21:30~22:00)

この番組では陳満咲杜が日頃からトレンドをつかむために
ビジュアル的にわかりやすく、利用しやすいと考える
GMMAを主に使い、テクニカル分析手法を解説します。
もちろん、トレードするうえで欠かせない
リスク管理や心構えについても触れていきます。

うれしいのはラジオでの放送だけでなく、
USTREAMでも配信されること。
映像でチャートを表示させながらお話するので、
リスナーのみなさまは毎週家にいながらチャート解説が聞けるのです。
直近の相場予想も飛び出すかも・・・??
さらにUSTREAMでは10分前から先行して放送スタート&延長戦も。
乞うご期待!

なお、番組の紹介は
http://market.radionikkei.jp/gmma/
番組ツイッターは
@gmmafx
です。
みなさま、フォローよろしくお願い申し上げます。

現在、下記キャンペーンでGMMAのスペシャルレポートがもらえます。
事前に読んでから番組を聞くとより効果的で、さらに理解が深まるハズ!
(陳アソシエイツ スタッフ)



☆口座開設キャンペーン中☆

アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認


◎本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説されたスペシャルレポートがもらえます。レポートの内容については"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"をご参照ください!

GMMA,FX,トレンドの確認
アイネット証券GMMA,FX,トレンドの確認ならGMMAGMMA,FX,トレンドの確認が一発で表示できる!
しかも低スプレッド(USD/JPYde0.7~1.0銭)!


→TOPページへ

11月以降の講演スケジュール

Posted by 陳満咲杜 on 01.2011 お知らせ
陳満咲杜の11月以降の講演スケジュールをお知らせいたします。

〈ラジオ〉 
11月7日(月) 新番組スタート!
         ビジュアルでわかるGMMA!
               陳満咲杜の「FXトレンドの真実」
         ラジオNIKKEI  毎週月曜日21:30~22:00


〈会場セミナー〉
11月13日(日) 新アジア通貨上場記念セミナー(広島)
         「円サイドから見た人民元の今と将来」
          13:00 ~16:00(開場12:30 )

11月19日(土) 株365投資フェア(東京)
         「激動の時代における三種の神器
           ~株365で図る資産防衛、資産運営のコツと極意」
          12:00~17:00

12月17日(土) 新アジア通貨上場記念セミナー(福岡)
         「円サイドから見た人民元の今と将来」
          13:00 ~16:00(開場12:30 )

〈Web〉
11月22日(火)  YutakaMarket TV「陳満咲杜の相場天気予報」
         19:00~20:00

詳細は各セミナーHPよりご確認くださいませ。

(陳アソシエイツスタッフ)


☆口座開設キャンペーン中☆
◎アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認
本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説された
スペシャルレポートがもらえます。
詳細は"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"
をご参照ください!


◎FXトレード・フィナンシャル、書籍プレゼントキャンペーン!FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さい
口座開設&取引開始で書籍「FX新時代のトレード戦略」がもらえます。
FXTF MT4FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さいについてはFXTF MT4紹介ページをご参照ください!


→TOPページへ
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。