ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル/円、次のターゲットは?

Posted by 陳満咲杜 on 27.2011 市況分析
政府の「断固たる措置」に期待し、値ごろ感もたっぷりあるドル/円の底値を狙い、ドル買いに走る方は少なからずいるだろうが、テクニカルの視点のみで考える場合、寧ろドルの下値ターゲットを探るシナリオに傾いているのではないか。

では、歴史最安値を丁々更新している中、ドル/円の下値ターゲットをどこに定めればよいのか。

以下の内容は会員様向け配信した「本日のチャート 9月28日」の一部となるが、ターゲットを明示していたので、ご参考まで。

usdjpy928.jpg

ドル/円 日足(9月28日作成、くりっくで拡大)

1、76.30前後のサポートはドル/円にとって重要。
割り込めば新たな下値余地を拓き、76関門を下回り、
最安値を更新するリスクが大きい。

2、77以上の値動きがなければ、ドル/円の下落
モメンタムが低下せず、足許クロス円相場におけ
る外貨安の圧力が一旦緩和されている状況に鑑み、
ドル/円の切り返しが弱すぎる。

3、4月6日高値~5月5日安値までの値幅を第1段下げ、
そして5月24日高値~8月19日安値の値動きを同2段下
げと見る場合、8月4日高値(80.23)からの下げ幅は
同じ波長となり、おおよそ74.20/30前後に伸びる。


約1ヶ月前のレポートとなるが、今までの市況と照らして見ていただければ、ドル/円は「つまらない」値動きとなったものの、実は規則正しく、円高の静かな行軍が続いていることをお分かりになるだろう。

ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信



☆口座開設キャンペーン中☆
◎アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認
本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説された
スペシャルレポートがもらえます。
詳細は"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"
をご参照ください!


◎FXトレード・フィナンシャル、書籍プレゼントキャンペーン!FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さい
口座開設&取引開始で書籍「FX新時代のトレード戦略」がもらえます。
さらに限定100名様には小倉優子さんのサイン入り。
FXTF MT4FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さいについてはFXTF MT4紹介ページをご参照ください!


→TOPページへ
スポンサーサイト

【PickUp】取引分析機能で弱点克服?!

Posted by 陳満咲杜 on 16.2011 お知らせ
「自分の取引記録を残し、分析をすること」
儲かっているトレーダーの多くが勝てるようになるために
重要だとしている作業のひとつである。

一見簡単で当たり前のことのようだが、
実行し、継続するのはかなり困難だと感じる
トレーダーも少なくないだろう。
とはいえ、むやみに取引回数を増やしていく
だけでは進歩がない。

そんなトレーダーに心強いツールが
i-NET TRADER」の取引分析機能だ。
ここでは取引結果を全て自動的にグラフ化し、
傾向を分析することができる。
これがあれば自分では気づきにくいクセや傾向をつかみ、
次の取引に役立てることができるだろう。
(陳アソシエイツスタッフ)


☆関連記事☆
操作や設定を自動的に記憶してくれる取引システムとは



☆口座開設キャンペーン中☆
◎アイネット証券×陳満咲杜スペシャルタイアップGMMA,FX,トレンドの確認
本サイトから口座開設、2万円以上の入金でGMMAシステムについて解説された
スペシャルレポートがもらえます。
詳細は"GMMAで勝つFX~スペシャルレポート「為替の海原を行く」のご案内"
をご参照ください!


◎FXトレード・フィナンシャル、書籍プレゼントキャンペーン!FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さい
口座開設&取引開始で書籍「FX新時代のトレード戦略」がもらえます。
さらに限定100名様には小倉優子さんのサイン入り。
FXTF MT4FXトレードフィナンシャル,MT4,スプレッド小さいについてはFXTF MT4紹介ページをご参照ください!


→TOPページへ

ケーススタディー/英ポンド/ドル

Posted by 陳満咲杜 on 14.2011 FX教室
bgbpusd1014.jpg
英ポンド/米ドル 日足(クリックで拡大)

上のチャートで示されたように、7日では、ポンド/ドルのロングポジションを建てる好機が巡っていた。根拠はシンプルであった故に実戦に強かった。

6日では、英中銀が資産買い入れ規模を拡大し、量的緩和策を強化したにも関らず、ポンドはそれほど値崩れしていなかった。日足におけるスバイク・ロー(下髭の長い足型、たぐり線とも呼ばれる)の足型が同日に出現したことは売り尽くしを示唆し、RSIは強気ダイバージェンスを鮮明に点灯していたことも底打ちの可能性を強く暗示していた。

その上、5日の日足は「星」となって4日の足型に包まれたものの、頭(高値)が近かった。6日の高値も実質的に同じレベルとなっただけに、次の日では、その高値レベルのブレイクがプライス・アクションに基づく買いシグナルとなるわけだ。トレーディングというものは、往々にして複雑に考えず、シンプルなシグナルに従ったほうがうまく行くケースが多い。

「ブルベアFX通信」では、7日のレポートにて以下のように記している。そのまま掲載することに。

◆ 短期スパン: 英中銀の資産買い入れ規模の拡大を受け、英ポンド
の安値更新があったものの、基本構造は不変、底打ちしやすい時期に
入る。1.5500を突破する前に、一旦1.5345/85といったサポートゾーン
を探る公算だが、底を確認できれば、早晩1.5500のブレイクを試し、
1.5700回復へ。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  サポート:    1.5385   1.5340  1.5270           

  レジスタンス:  1.5500   1.5586  1.5715 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ストラテジー:英中銀の政策は押し目買いの好機を提供してくれ
たと考え、1.5340を下限に押し目買いを行い、1.5250はストップ、
ターゲットは1.5500/30に照準。あるいは1.5500/30のブレイクを
確認してから追随買い、1.5660/1.5715はターゲット、ストップは
1.5420以下に設定。
(配信日時 2011年10月7日 14:34)


因みに、7日の高値は丁度1.5500前後に位置し、7日の安値は1.5423となり、想定よりかなり浅い調整で済んだが、1.5500ブレイク後の追随買いは成功していた。言い変えれば、どの程度の調整が行われるかは事前に把握しきれない可能性が大きいが、前記のようにプライス・アクションに基づくシグナルなら、本来誰でも把握できるはずだった。

実際、市況の発展が早く、同日午後になって、ポンドがすでに1.5500を突破したので、改めて「本日のチャート」のレポートを出し、その後の値動きを捉えようとしていた。エリオット波動論に基づくアナリシスとなるが、基本はリバウンドの継続というロジックになった。同レポートとチャートをそのまま掲載することに。


→TOPページへ


ドテン買い、発動される。

Posted by 陳満咲杜 on 12.2011 取引手法
ドル/円、本日の市況は波乱となった。一方、このような市況の展開もある程度想定できたので、10月5日(水曜日)に配信した「本日のチャート、3」にてストラテジーの構築を説明していた。そのまま掲載することに。

usdyen105.jpg

ドル/円 日足(くりっくで拡大)   

ドル/円の日足に基づき、プライス・アクション理論によるストラテジーを記しておきたい。

1、77.85から76.10までの下落変動に対する修正は一昨日まで続いたが、一昨日の大陰線をもって終了した疑い。

2、一昨日の高値は前記下落変動の61.8%FIBO反騰位置と合致、頭打ちの蓋然性を増大させる。

3、昨日の足型は一昨日の値幅に包まれる形で「はらみ」のパターンを示し、一昨日の高、安値のブレイク自体がシグナルとなり得る。

4、9月23日安値から、連日の安値を連結したサポートラインはかろうじてその役割を果たしているものの、76.50を下回れば、同ラインの崩壊を意味し、下値余地を拓く。

5、下放れの場合、一昨日の値幅も基準となり、「倍返し」の計算でターゲットを75.78前後に設定できるが、下放れ後の市況の急変を防ぐため、77.22以上のドテン買いもストラテジーに組む。

なお、今のレートから素直にブレイクのサインが出た場合、昨日の高、安値をストップの位置として参考にしておきたい。但し、プライス・アクションに基づくストラテジーの故に、ブレイクなしではシグナルの点灯が認められないから、通常のストラテジーと異なる。(配信日時 2011年10月5日 20:06)


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


→TOPページへ

会員レポート、リニューアルのお知らせ

Posted by 陳満咲杜 on 05.2011 お知らせ
こんにちは、陳アソシエイツのスタッフです。

陳氏主筆会員レポート、「ブルベアFX通信」をリニューアルしました。

会員レポートでは、サイクル論とエリオット変動論を融合した手法を
ベースにした陳氏独自のテクニカル・ロジックで、相場の内部構造の
解明に努め、常に相場の一歩先行くことを心かげています。

また、その場限りのものではなく、より戦略的、かつ投資家個々の
状況にも合わせることが可能で、総合的な参考価値の高いストラテジー
の提供が必要と考えています。
そのため、日々のデイリーアナリシスとともに通貨ペアごとの
ストラテジーを提供し、短期スパンにおける諸条件とポイントを踏まえ、
トレーダーの状況によってカスタマイズできる余地を設ける形で、
より戦略的なアドバイスとなりました。

新しいストラテジーでは、トレーダーはその場限りのシグナルを
鵜呑みにするのではなく、ロジックの理解や市況と合わせたチェックが
自然に必要となり、また時間的、精神的な余裕をもって取り込むことで、
より実戦に役立ち、また事後検証が可能で、自らレベルアップを
図れる形式となりました。

その上、日々のデイリーレポートの理解を深めるため、
「本日のチャート」を提供し、相場内部構造に沿った
値動きの分析とこれからの推移をチャート上ではっきり提示します。
また、従来のデイリー、ウィークリーのほか、月一回マンスリー
レポートも発行、より長期視点を持つ展望をご提供いたします。

ありきたりの相場解説、後講釈を徹底的に排除した
「ブルべアFX通信」を是非ともご参考、ご体験ください!
最新の見本をご希望の方はinfo@chinmasato.comへご芳名を明記した上、
お申し込みください。(携帯電話メールアドレスからのお申し込みは不可)
有効期限は10月10日までとさせていただきます。
よろしくお願いします。


ランキングに参加しています
記事がお役に立ちましたらポチをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


ブルベアFX通信のお申し込みはこちらから!
ブルベアFX通信


→TOPページへ
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。