ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海株の示唆

Posted by 陳満咲杜 on 30.2010 CFD 0 comments 0 trackback
 blog_import_4cd27efee6e14.jpg

クリックで画像拡大

リーマンショック以降、中国は世界をリードして景気回復を主導してきたが、今年に入って、上海株のパフォーマンスはワーストランキングに入り、ギリシャとポルトガル並みの水準まで落ち込んでいる。

その上、590億ドルの資金をつき込んだ上海万博が今夜スタートしているところも、2008年北京オリンピックを開催する前の株式の急落を彷彿させる。

少なくとも、上海株から二つの示唆を得られるだろう。

1、一国の経済成長と株のパフォーマンスは必ずしも関連性を持つとは限らない。
スポンサーサイト

百年孤独

Posted by 陳満咲杜 on 30.2010 視点論点 4 comments 0 trackback
百年孤独0430

ユーロ安が続いている。ギリシャ問題の解決はなかなか進まず、EU内部の足並の乱れが逆に浮き彫りにされ、ユーロ崩壊の可能性が巷で噂されている。

このような状況では、大手金融機関をはじめ、ユーロ安の進行を沿って、競って下値ターゲットを下方修正している。年末か来年まで1.1000前後の下値を提示し始めた有力銀行もあらわれるほどだ。日本でも、2012年までユーロ安が進み、パリティ(1.0000)割れもあり得るような予測が主流になりつつある。

が、当方のサイクル論の視点では、寧ろその逆で、ユーロの本格的な下落は2012年以降に出現すべきで、今年後半上昇に転じるだろうと見る。その根拠は5月12日のセミナーで詳説するつもりだ。

もっとも、相場は社会や政治の流れと同様、大きな転換点はなかなか世論の主流あるいはコンセンサスと合致しない。ソ連の崩壊は多数の専門家の予想よりはるかに早かったし、1989年天安門事件の際、中国崩壊や中国共産党統治の崩壊が間近かといった声が圧倒的だったことは記憶に新しい。そして、今の中国の「世界支配」と危惧されるまでの成長ぶりは当時もっとも楽観的な予想さえはるかに超えている。

だから、当方は目下自分の見通しが主流ではないことを実に安堵している。相場は孤独のほうがいい。


【ブルベアFX通信・陳満咲杜オンラインセミナー】
2010年後半の為替相場動向を、数々の大相場を的中させた
異能のアナリスト陳満咲杜が大胆予測!

通貨別に今年の展望、最高値・最安値を分析。
陳氏が今最も注目している通貨ペア、気になるドル/円80円割れの
タイミングなど、本セミナーでしか聞けないトレーダー必見の内容です。

■ 開催概要 
開催日: 2010年05月12日(水)
時間: 20:00~21:30
場所: 「直伝ネットセミナー」ネット配信
参加費: 無料
主催: グローバルリンクアドバイザーズ株式会社
お申込: こちら



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

「得る虎」チャートで悟るボリンジャーバンドの極意(四)

Posted by 陳満咲杜 on 23.2010 取引手法 0 comments 0 trackback
ウルトラチャート0423
クリックで拡大

過去のケースよりも、リアルタイミングなケースのほうがより示唆が多いから、今回は本日のユーロ/米ドルの日足をみることに。

上のチャートが示しているように、今朝ユーロ/米ドルは一時1.3200を打診していた。ウルトラチャートでは、現時点の安値が3σバンド(下限)をタッチしようとしていたことが分かる。

エリオット変動論に照らす

Posted by 陳満咲杜 on 20.2010 CFD 1 comments 0 trackback
 blog_import_4cd27efa3462b.jpg
クリックで画像拡大

昨年3月からダウ指数の反騰が続いている。

いつものように、株高の進行につれ、景気回復の見通しや高値ターゲットの提示が随分見られるようになった。昨年秋まで、二番底のリスクと株の戻り限界を指摘する声が主流だったのとは対照的だ。

転換期を捉え、大波に乗るーセミナー開催のお知らせ

Posted by 陳満咲杜 on 19.2010 お知らせ 1 comments 0 trackback
硬貨画像0419

為替マーケットにしろ、株式にしろ、大きな転換期を迎えようとしている。

このような時期だからこそ、中長期スパンにおける戦略とロジックを丁寧に検証し、新たに構築しなければならない。言ってみれば、今は2008年春の時期に相当するような、相場の激変をもたらすエネルギーとマグマが溜まっており、そろそろ噴火しようとしている時である。

従来のロジックのままでは、これから2~3年をはじめ、今後10年間、個人投資家にとって受難の時代になる恐れがある。大袈裟な話に聞えるかもしれないが、その真贋はそう遠くない将来、分かっていただけると確信している。

このような時期だからこそ「偏見と独断」の相場観を遠慮なく言わせていただきたいと思い、陳アソシエイツはグローバルリンクアドバイザーズのご協力のもと、今回のセミナー開催に至った。乞うご期待!


【ブルベアFX通信・陳満咲杜オンラインセミナー】
2010年後半の為替相場動向を、数々の大相場を的中させた
異能のアナリスト陳満咲杜が大胆予測!

通貨別に今年の展望、最高値・最安値を分析。
陳氏が今最も注目している通貨ペア、気になるドル/円80円割れの
タイミングなど、本セミナーでしか聞けないトレーダー必見の内容です。


■ 開催概要 
開催日: 2010年05月12日(水)
時間: 20:00~21:30
場所: 「直伝ネットセミナー」ネット配信
参加費: 無料
主催: グローバルリンクアドバイザーズ株式会社
お申込: こちら

 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。