ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塞翁が馬

Posted by 陳満咲杜 on 31.2009 視点論点 0 comments 0 trackback
今年株のロングポジションを持つ者にとって、昨年のリーマンショックは有難いものだ。なにしろ、ダウは3月安値から60%超の上昇もなったパフォーマンスは昨年の危機なしでは達成できるはずがないからだ。もっとも、年間では20%の上昇に留まっているが、中国の80%には遠く及ばない。

が、歴史を読んだ者は素直に喜べないかも、1929~1930年、ダウは48%の上昇を達成していたが、その後の二年間、86%も暴落していた。1973~1974年の大幅下落を経験した後、2年のリバウンドを果たしていたが、その後すべての反騰幅を吐き出していた。

塞翁が馬、中国の古知恵を肝に銘じたい。
スポンサーサイト

カフェスタイルセミナーの報告

Posted by 陳満咲杜 on 29.2009 お知らせ 0 comments 0 trackback


こんにちは!陳アソシエイツスタッフです。
12月22日に開催されました、カフェスタイルセミナーがご好評いただいたので、その様子をご紹介させていただきます!

「CFDオールスター感謝祭」と題して、海外投資に精通されている青木俊郎氏、CFDトレーダーの三空氏、
陳の3名が講師となり、お酒やお料理を楽しみながら参加された皆様とざっくばらんにお話させていただきました!

注目したいのが、皆様からの質問にお答えしたコーナー!!

狼少年

Posted by 陳満咲杜 on 28.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 blog_import_4cd27ed876a62.jpg
クリックで画像拡大

ダウ指数の押しが予定より深かったものの、やはり切り返しを果たしている。商い薄の中、年明けしてから高値を更新してもおかしくない。

3月の安値からの切り返しはあまりにもスピードを伴った上昇となっただけに、当方も含め、本格的な調整が近いと主張する者は「狼少年」のように扱われている。

それどころが、「狼少年」自身も疑い始めているような雰囲気がある。ここまで上昇してくると、ずっと疑心暗鬼で、指を咥えて見てきた者がやっと警戒心を解かして本格的な参入を検討し始めるだろう。だから、ダウは「最後」の高値更新が実現される公算は高い。

1月のCFDセミナーのお知らせ

Posted by 陳満咲杜 on 28.2009 お知らせ 0 comments 0 trackback
こんにちは、陳アソシエイツスタッフより
1月のCFDセミナーのお知らせです。

HPでもお知らせしておりますが、
1/13 webセミナーと1/23 会場セミナーの
2本開催が決定いたしました!

今回は、2010年最初のセミナーとなります。
CFD取引の中でも人気の高いNYダウと日経225について
2010年の予想を交えお話します。


●1/13 webセミナー

【新年スペシャル! 陳 満咲杜の2010大胆予想
     ~CFDでNYダウ・日経225はココに注目!!~】

日時 : 2010年1月13日(水) 15:00~16:00
講師 : 陳満咲杜氏
定員 : 300 名
料金 : 無料
応募締切:1/13(水)15:00

お申込はこちらから


●1/23 会場セミナー

【CFDの2010年大胆予想!! 
     ~陳さん注目の5銘柄を教えます!~】

日時 : 2010年1月23日(土) 10:00~11:45
会場 : ホテルサンルートプラザ新宿
      東京都渋谷区代々木2-3-1(アクセス地図)
講師 : 陳満咲杜氏
定員 : 180名
料金 : 無料
応募締切:1/19 (火) 10:00

お申込はこちらから


皆様の参加をお待ちしております!

失われた10年

Posted by 陳満咲杜 on 21.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 f9e94f.jpg
クリックで画像拡大

暦はもうすこしで、今年も終わりですね♪♪♪♪♪

さて、今世紀最初の10年では、米株のパフォーマンスが史上最悪になりそうだ。 その史上とは、なんと19世紀20年代まで遡って以来の出来事という。まさに米株の「失われた十年」となろう。

一方、その前の十年(1990~1999)では、米株は史上最強のパフォーマンスを記録していた。まさにジェットコースターに乗っていた如きである。

最近ウォーレン・バフェット氏の新版伝記を読んでいる。ふっと思ったのは、果たしてこの20年の激動で、第二のバフェットが出るチャンスがあったかどうか・・・・・
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。