ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い風

Posted by 陳満咲杜 on 27.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 b5.jpg

クリックで画像拡大

昨日DAX指数の売りがうまく行っていた。安値更新したところの逆指しも効き、急落に乗っている。

もちろん、ドバイの問題が追い風となっている。目先5350近辺まで利を伸ばして行きたい。

もっとも、ドバイ問題が発生しなくても売られやすい構図だから、相場は常に現実をリードしているかも。



 
スポンサーサイト

戻りに限界?

Posted by 陳満咲杜 on 26.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 b6.jpg
クリックで画像拡大

アジアマーケットの値動きに早く反応できる利点もあり、DAX指数は似たようなパターンを示している。

上の15分チャートでは、教科書通りの保ち合いパターンの下放れとその値幅を達成していたが、遅れたショート筋にとって、戻り売りを待ちたいところだ。

5740/5750を上回れなければ、戻りの余地が限られるから、その前に軽ポジションを持ちたい。安値更新があれば、売り増しを行うプランが堅実かも。



 

腹八分

Posted by 陳満咲杜 on 24.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 blog8.jpg
クリックで画像拡大


ブレイク待ちのストラテジーの通り、昨日ブレイクが確認されたので、図示の通り、ロングしかなかった。

教科書通りなら、20日で形成されたダブルボトムの値幅をそのまま取れるはずだったが、その前に利益を確定した。もちろん、その後の高値更新があり、惜しいと言えば惜しいのだが、結果論を無視したい。

プランを実行した上、腹八分のところがよい。自分なりに満足したトレードだ。何しろ、ストレスが少なかった。



 

ブレイク待ち

Posted by 陳満咲杜 on 22.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 1.jpg
クリックで画像拡大

「値段がレンジの区域に往来し、変化がない場合、次の方向を予測する試みは無意味である。上昇にしても下落にしても、同じ無意味な予測だ」 by ジェシー・リバモア

伝説の相場師の教えに従い、ダウ指数を仕掛けるには「ブレイク待ち」が必要か。

結局、相場を読む力よりも相場についていく力のほうが利益をもたらす。これこそ相場の真実であるが、シンプルすぎて返って実行が難しいようだ。



 

取りやすい調整幅

Posted by 陳満咲杜 on 20.2009 CFD 0 comments 0 trackback
 2.jpg
クリックで画像拡大

ダウ指数の10300割れを狙ったショートポジションはすぐ利益確定できた。

図示のように、ダブルトップに近いパターンで示していた値幅をそのまま10300から引けば、決済のタイミングを比較的に計算できた。

時には、相場は驚くほどシンプルである。



 
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。