FC2ブログ
ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

エリオット君の予言(2)

Posted by 陳満咲杜 on 15.2008 マーケット情報 19 comments 0 trackback

デッサン 世界経済の動向を睨むエリオット君 作者 陳 満咲杜

(前回に続き)やはり気になるので、銀のスプーンをエリオット君に買ってあげて、質問を続けることに。

僕:エリちゃん、どう、おいしいか。

エリオット君:・・・ベロベロ・・・

僕:どうだ?

エリオット君の予言

Posted by 陳満咲杜 on 12.2008 マーケット情報 14 comments 0 trackback
うちの猫エリオット君は波動理論に精通し、3月16日にて私の手書きチャートを粉々に破り、「明日買いニャン」と叫んでいた。彼のお陰で、パニック相場に売りなしと悟り、本日まで108円台のタッチを楽しんで待っている。

早速エリオット君に次の相場展開を聞いてきた。

僕:エリちゃん、ドル/円次の動向は?

次回セミナー(7/5・土曜)のご案内

Posted by 陳満咲杜 on 11.2008 お知らせ 8 comments 0 trackback
 

皆さん今晩は。イーストヒルジャパンのスタッフです。
この場をお借りし、兼ねてより弊社HP上ではお知らせしておりましたが、
次回セミナーのご案内を申し上げます。

陳氏の処女作『着物トレーダーを卒業せよ 陳 満咲杜の為替の真実』は
お陰様で、Amazonをはじめ各書店にてたいへんご好評を頂いております。
誠にありがとうございます。

そこでこの度は、感謝の意をこめ「出版記念講演」と題し、無料で
107名様をご招待させていただきたいと思います。

そしてなんと、陳氏の直筆サイン入り

『着物トレーダーを卒業せよ 
     陳 満咲杜の為替の真実』


が当たるチャンスも!!

サインは丁寧に入念に一筆一筆刻まれており、僭越ながら一見の価値ありだと
存じます。(上の写真はサンプル)どうぞご期待くださいませ。

詳細・お申し込みはコチラから!

皆様からのたくさんのご応募お待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。

ナンセンスの「サプライズ」

Posted by 陳満咲杜 on 10.2008 視点論点 8 comments 0 trackback
昨日ポールソン米財務長官のドル防衛発言につられ、ドルは急速に切り上げしてきた。本日では、一部のアナリスト(主にファンダメンタルズの信奉者)がサプライズを表明しており、ブッシュ政権であるだけに、違和感を感じているようだ。

が、当方から見れば、このようなサプライズはナンセンスであり、ファンダメンタルズの研究者と標榜する多くのアナリストらは世間が思うほど「頭がよくない」ことを露呈させた出来事だ。

なぜなら、最早容認範囲を越えていた原油高と相俟って、米政府もドル安の進行を牽制せざるを得ないのが自然な成り行きで、なにしろ、5日にトリシェECB総裁がはっきりサインを出したので、バーナンキFRB議長に続き、ポールソン米財務長官の発言も米政府がECB側との協議や連携を確認した後の「押し」であることを認識すべきだ。6日当たりでこのぐらいの「背景」を読めないと、ファンダメンタルズ信奉者にしては失格であろう。

また、ポールソン米財務長官の発言が「失言」と捉える向きもあるが、これは幼稚過ぎて、最早論議に足りない見方だ。この時期において、ゴールドマン・サックスの会長を務めた人物が日本の「ボケ」閣僚みたいに簡単に失言はしない、といった考え方は「世界的な常識」でもある。

もっとも、当方はファンダメンタルズ分析を過大評価すべきではないと主張しており、今年ドル高のストラテジーに傾いているのもファンダメンタルズ分析に起因するものではない。丁々指摘していたように、ファンダメンタルズは市場の内部構造と値動きに後を追って発生するもので、市場の方向を決定するものではなく証左するに過ぎないもの。サイクル論によるドルのリバウンドが確認された以上、このような「サプライズ」もこれから続出するだろう。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ


本屋巡り

Posted by 陳満咲杜 on 08.2008 お知らせ 18 comments 0 trackback
 

昨日は拙作の発売日、妻を誘って新宿の本屋を巡ってきた。紀伊國屋とジュンク堂には拙作が陳列しており、思わず携帯を出して写真を撮ってしまった。

が、よく見ると、汗が出た!皮肉(光栄?)にも拙作の右隣に置かれたのは、あの『月100万円儲ける私の方法』ではないか!おまけに左のものは『FXで毎日を給料日にする』という心強い(?)タイトルであった。(上の写真は紀伊國屋にて)それはそれは・・・・・・ちょっと複雑な心情・・・・・・。

 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート