FC2ブログ
ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

パニック相場に売りなし

Posted by 陳満咲杜 on 17.2008 市況分析 11 comments 0 trackback
ドル/円は今朝96.60と安値を更新した。昨年2月のセミナーから、「ドル/円100円割れ」の蓋然性を指摘してきた当方にとっては、特にサプライズになっていないものの、過熱感を感じざるを得ない。言い換えれば、テクニカル・アナリシスが効かないのは、目下の相場であり、相場自身はパニック気味だ。

このような「パニック相場」を十何回も経験してきた。結論から言うと、ドル売りに追随しないほうがよい。このアドバイスは理屈からではなく、当方の「勘」であることも申し上げたい。

99円前後にてドル安が一旦休止という前の予測は間違っていたが、これからドルが反発しやすい構造にあるという考え方は変化なし。夏場まで、ドルはとりあえず108円まで回復するというシナリオである。

もちろん、押し目買いを勧めているわけではないことを重ねて申し上げる。ストラテジーとリアル取引の客観的な根拠が合致しない限り、取引を控えるべきである。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

神の見えざる手

Posted by 陳満咲杜 on 13.2008 市況分析 23 comments 0 trackback

神の見えざる手(1).jpg 
クリックで拡大

相場は神の見えざる手によって作られ、美しい均衡を保っている。

目下100円を割ろうとしているドル/円の日足にもこの均衡の美学が読み取れる。結論から言うと、当面ドル/円の下値が限定されるのではと見ているが、例え100円割れが生じても下値余地は1円程度と思われる。

同じチャートでもそれぞれの見方があるが、今回敢えて理由を書かず、皆さんご自身でマーケットの美しさを感じ取ってください。

因みに、当方の言う神は宗教上の神様ではなく、宇宙の摂理との意味合いを表現している。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

~Forexサバイバル2008~

Posted by 陳満咲杜 on 13.2008 お知らせ 2 comments 0 trackback
イーストヒルジャパン(株)のスタッフです。 
この場をお借りし、次回のセミナーの告知をさせて頂きます。

「ドルの行方から激動の為替相場を読む」  と題し、

来る 4月8日(火)19時より2時間、TVcafe+ にて

FXセミナー を開催致します。

詳細はコチラ→http://www.easthillfx.co.jp/formjz/form080304/


乞うご期待下さいませ。 

当日は軽食等をご用意しておりますので、お仕事帰りにお気軽にどうぞ。

皆様のご参加お待ちしております。

ドル安、再び一服の公算

Posted by 陳満咲杜 on 07.2008 市況分析 17 comments 0 trackback
ドル安、再び一服の公算.png 
クリックで拡大

ドルの下落が続いている。ドルインデックスが昨日72.86という「史上最安値」を付けた。外貨サイドでは、ユーロ、スイスフランをはじめ、史上最高値を更新か、変動相場に移行して以来の高値、あるいは二十何年ぶりの高値を付けた通貨が多く、最近円の上昇にスピード感があったものの、絶対水準で測る出遅れ感が依然残っている。

さて、ドル全体の下落について、目下悪材料とネガティブな市場心理が蔓延する環境の中、当然の成り行きと受け止められているが、そろそろ一服感も出ている。

上のドルインデックスの日足を見てください。2005年11月高値を起点とする大型下落チャンネルがきれいに目下の安値がサポートラインに位置することを示している。だから、ドルの売りポジションを増やす時期ではないと言えよう。そんな簡単な見方でいいかと、よく初心者に質問されるが、当方がいつも言うのは、勿論それだけでよいし、十分だ。何故なら、銀行ディーラーなど所謂「プロ」のトレーダーらもこれを見て判断しているからだ。評論家でなければ、難しいリサーチと解釈は無用だけではなく、かえって邪魔だ。

また、当方としては、市場心理の参考価値が大きいと思う。ドル安を疑問視していた一部の個人投資家らはややパニック気味で、自称「フォレックス キング」の某「元祖円安原理主義者」のブロガーや「サブプライム問題は一時的」とのスタンスを取っていた「元プロ」の講師も揃ってドルの下値を予測し始め、ドルの崩壊危機を懸念している。前にも言っていたように、このような「プロ」と一般投資家の「危機感」が妙に合致している時、相場も往々にしてモメンタムの一服か、トレンドが転換しやすい時期に差し掛かっている。

念のため言っておきたいが、私はドル買いを決して推薦しているわけではない。ドル売りポジションを増さないことやポジションのストップロスの厳守を御勧めしているだけである。なぜなら、誰も将来を正確に予測できない以上、賢い投資家は決してトレンドと逆のポジションを取らない。例えすごく「魅力的な」チャンスに映っているとしても。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

「BULLBEAR FXシグナル」2月のパフォーマンス

Posted by 陳満咲杜 on 03.2008 お知らせ 19 comments 0 trackback
2月中発信したシグナルに関する統計が出たので、とりあえずパフォーマンスを報告することに。

2月29日の終値で計算すると、確定したポジションは688,621円のプラス、評価損益(2枚保有)は約415,520円のプラス、スワップ損益とも通算し、約1,104,141円の利益である。

全ポジションを決済した後、昨年12月からの3か月間の詳細をイーストヒル ジャパン(株)のHPにて掲載する予定なので、ご検証ください。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート