ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート マンガFX入門,ZAi GMMA,FX,トレンドの確認 プライスアクション,成功 GMMA,FX,トレンドの確認 陳満咲杜,陳アソシエイツ,為替の真実,FX,CFD
GMMA,FX,トレンドの確認

スポンサーサイト

Posted by 陳満咲杜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル安小休止の可能性

Posted by 陳満咲杜 on 31.2007 市況分析 11 comments 0 trackback
ドル安小休止の可能性.png 
クリックで拡大

円を除き、ドル対主要通貨の全面安が続く。ドルインデックスが昨日76.71との安値を記録、80年代のレベルまで逆戻りした。ユーロは1.4500大台手前まで迫り、カナダドルの47年来高値更新と相俟って、英ポンドの26年来高値更新も本日で実現され、ドルの「底なし」危機を露呈させた。

さすがにここまで来ると、「ドル安や米サブプライム問題は一時的、米株高につられドル再上昇」と声高に主張していた「評論家」と「プロ」達は揃って見通しを転換し、真面目な顔をしてドル安のシナリオを語り始めた。まさに「わたる世間、ドル安論ばかり」の様子だ。

が、しかし私の経験則では、このような局面においては、往々にして調整が近い。言い換えれば、ドル安派の当方では、逆サインとして警戒し、円を除き、対ドルのショートポジションを削るばかりか、投機的にドルのロングポジションを立てたい衝動さえ覚える。もちろん、短期スパンでの話だ。

では、今回も「相場は相場に聞け」との原則に沿って、ドルインデックスのチャートからヒントを得たい。上はドルインデックスの日足図で、RSIと重ねて表示させたもの。このチャートを見る限り、少なくとも二つの点が気になる。まず、目下の安値が大きな下落チャンネルの下限を打診していること。次に、急激な下げトレンドとは対照的に、RSIが一定の水準を保っていることだ。

経験則では、長期に亘るチャンネルにおけるサポートとレジスタンスラインほど、ブレイクするには大きなエネルギーが必要だ。今回のケースでは、このようなエネルギーがまだ確認されずにいる。また、RSIとドルインデックスの値動きを対照して見る場合、7月24日の安値が80.01で、9月27日の安値は77.66と切り下げていたものの、RSIは寧ろちょっと高くなった。このようなダイバージェンスが最近では一層鮮明であった。昨日の安値更新にも関わらず、RSIが29.20レベルに留まり、9月27日における20.29とのレベルよりはるかに高い。この様な場合、往々にして下げ相場の一服、至って反騰という可能性を孕む。

ただ、先に述べたように、対円ではドル高はなかなか難しいと見る。というのは、もし近いうちにドルの反騰が見られた場合、その原動力となるのはドルのショートポジションによる利喰いであり、決して腰に据えたドル買いではないことだ。対円のドル売りポジションが積極的に積み上げられていなかった以上、その反動も弱く、円安の余地も限られると見る。逆にクロス円相場がメジャー相場におけるドル反発の影響を受け、外貨売り/円買いと発展しやすい構造となっている(円売りポジションの積み上げと比率して)ので、ドル/円相場は「独歩安」の様子も想定できよう。

ちなみに、原油価格の「120ドル」説が市場関係者らに広く受け入れられているようで、当面原油の上昇も一服すると見る。為替相場では、先行指数としてカナダドルに注目すればよい。もしカナダドルの調整が見られれば、当方の見方が正しい、ということになる。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ドル/円相場の示唆(四)

Posted by 陳満咲杜 on 29.2007 市況分析 3 comments 0 trackback
ドル円相場の示唆(4).png 
クリックで拡大

当方の指摘した通り、目下、ユーロは1.4424との高値を更新し、1.4500大台を目指す展開に。また、豪ドルの23年来高値、カナダドルの47年来高値更新と相俟って、ドル安トレンドの加速を証左した。

さて、肝心のドル/円相場は小幅変動に留まり、次のステップをなかなか踏めずにいるか、下放れ必至との見方には全く変化なし。今回引き続きこのシナリオの根拠をテクニカル要素で説明したい。

上のチャートはドル/円の週足図である。そこに、2001年安値と2002年安値を連結したサポートライン(A)、2003年高値と2004年高値を連結するレジスタンス・ライン(B)や2005年安値と2006年安値を連結するサポート・ライン(C)がそれぞれ表示されています。

このように、2年間の安値或いは高値を連結するラインの意義を重視し、そのブレイクをトレンドの転換サインと捉えた場合、その後の相場の変動を検証したい。

図示のように、Aラインを下抜いた後(2003年9月)、2005年年初までドル安が続いた。逆にBラインでは、抵抗ラインとしての役割が2005年5月にて否定された後、ドル高トレンドが2007年6月まで続いた。では、Cラインが2005年からの上昇相場のサポートラインとして見た場合、8月の下ブレイクがドル高の終焉を意味し、今後1年半から2年ぐらいのドル安トレンドを継続させる蓋然性が高まる。つまり、二年越しのサポートラインがブレイクされた以上、ドル/円相場の過去のデータを検証する限り、しばらくドル安トレンドが続く公算は大きい。


にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

新ポートフォリオ

Posted by 陳満咲杜 on 26.2007 市況分析 12 comments 0 trackback
新ポートフォリオ.png 
クリックで拡大

公開!私のポートフォリオ(9月23日)にあったユーロ/ドルのロングポジションを1.4200台で決済、英ポンド/ドルを2.0500台で利喰いし、ポートフォリオを新しくした。

今回はすべてのポジションを「円買い/外貨売り」に立てた。ドル/円のショート・ポジションは11月下旬ごろ半分決済するつもりであるが、その他のポジションを8月の安値まで持っていくつもりだ。

ちなみに、ユーロ/ドルと英ポンド/ドルはそれぞれ1.4500と2.0650前後まで上昇していくと見ているが、「マーケットの頭と尻尾をくれてやる」との気持ちで利益を確定した。明日帰国の便に乗り、家についた頃、もう一段のドル安が見られるのでは。
 
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

値ごろ感こそ命取り

Posted by 陳満咲杜 on 24.2007 FX教室 3 comments 0 trackback
昨日台北につき、今日早速台中にて講演した。参加者からの質問には、一番多いのがやはりドル安の「値ごろ感」に関連したもの。即ち、ユーロ/ドルをはじめ、すでにかなり高くなっている外貨がそろそろトップアウトではないかとの思惑でドルを安値で拾いたい。例えドル安が続くとしても、目先反騰しやすいからユーロ売りの好機と多くの投資者が考えているようだ。

これに関しては、正直言って、私も同感である。が、「性急なユーロ売り/ドル買いをやめよう」との結論をはっきり申し上げた。言いかえれば、様子見とショートスタンスは雲泥の差がある。

そもそも、なぜユーロを売りたいか、と尋ねると、殆どの参加者は単に値ごろ感としか言えなかった。このような心理はまさに素人の「安値拾い」の「射幸心」の反映であり、場合によっては命取りになりかねないリスクが潜んでいる。

為替取引の基本は順張りであり、逆張りは確かな根拠がない限り、殆ど成功しない。なぜなら、為替市場におけるゼロサムゲームが通貨の「本来の値段」を決められない以上、「値ごろ感」は幻想に過ぎないと言えよう。その上、ゼロサムゲームだからこそ、「本来の値段」よりもロング・ショートのバランスとその崩れ方、さらにそれぞれの思惑によって通貨のレートが形成されていくので、一般投資家の「値頃感」と逆の方向に行きやすい仕組みが出来上がっている。

この辺のセンスに関し、センチメント指数から市況を読む 「東京外為売買比率統計」を読む にて、詳しく分析している。果たして今回はどうなるか。

日本の個人投資者らは一貫してユーロ売り/ドル買いのポジションを積み上げてきた。最近の「東京外為売買比率統計」のデータは以前と大差がなかった。例の海外業者のセンチメント指数で見ると、19日のデータでは、ロング/ショート比率が-2.96に拡大し、75%のトレーダーがユーロ売り/ドル買いに走った。経験則では、このような状況において、本格的なユーロ下落がなかなか起こりにくい、逆に高値をブレイクするエネルギーになるケースが多い。私の計算では、ユーロ/ドルが1.4500目指すと同データが暗示している。

ちなみに、19日のセンチメント指数を読む限り、英ポンド/ドルが上昇、ドル/円、ドル/スイスフランが下落の方向感を得られた。クロス円相場の急落につられ、昨日ユーロ、英ポンドともにドルに対して大幅下落したが、今日かなり戻したことに鑑み、同データの正確性に頷く。

面白いのは、少なくともユーロ/ドル相場において、大半の日本の個人投資者の「値ごろ感」が一貫したユーロの上昇に打ち砕かれ続いたのもかかわらず、未だに懲りなくドル買いに傾いている。「命」が何回取られて悟るものかと嘆ぐ愚をしながら、戒めの気持ちを一層込めるところである。というのは、「値頃感」の衝動に負けてしまうのは人間の常である以上、相場は常に自分との葛藤にある。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

クロス円相場を読む(四)

Posted by 陳満咲杜 on 19.2007 市況分析 6 comments 0 trackback
クロス円相場を読む(4).png 
クリックで拡大

当方の予測通り、ドル/円は117.94前後で頭打ち、反落して来た。それよりも、ユーロ/ドルの史上最高値がまた更新したことをよそに、ユーロ/円の軟調が示唆に富む。このような動きが続けば、私が丁々指摘していた「ドル安の受け皿として、円本来の役割を発揮してくる」というシナリオもますます有力視されよう。言い換えれば、目下の位置付けとして、クロス円相場の「バブル」が「終りの始まり」という段階に過ぎない。

さて、ユーロ/円をはじめ、クロス円相場の反落を当然視する根拠として、やはりテクニカルの客観的な検証が必要で、今回もこのような視点でRSIを使ったユーロ/円の分析を行う。

前回のクロス円相場を読む(三)では、年足におけるレートと移動平均線との距離を測り、相場の「行き過ぎ」を探った。このような方法はオシレーター系指標の基本となり、RSIを初め、オシレーター系指標も使い方次第、アナリシスにとって強力な武器となる。

上のチャートはユーロ/円の週足とRSI(14)を併用した図で、2000年10月から昨日までの値動きを表す。2000年安値を起点し、2005年安値を連結するサポートラインがきれいな右上がりのラインを描き、約7年間のブル相場を顕示してきたが、8月のSPショックを背景としてた急落で、このラインを一時ブレイクしたことを看過すべきではない、とRSIが示唆していた。

まず、2000年10月からの周期を三段階に分けられる。即ち2000年10月~2003年5月の上昇期と2003年5月~2005年12月の中段保ち合い期間や2005年12月以来の期間となる。今年7月まで、一貫してブル基調を維持してきただけに、週足におけるRSIも2001年5月以前の「離陸期」を除き、下限はほぼ38の数値を保った。2005年に一時36.21のレベルまで下げたものの、すぐ反転し、このからのブル相場を示唆した。前述のように、8月の急落でレートは一時長期サポートラインを割り込んだので、RSIの数値に照らして見ると、明らかにトレンド転換のシグナルを発していたと受け取れる。というのは、2003年5月~2005年12月の中段保ち合い期間と違い、2005年12月以来の強い上昇期間にいるにも関わらず、RSIが36.21を下抜け、34.30という異常な安値を記録した。図が示すように、RSIにおける7年間の「ベア・ライン」を切った以上、トレンドの転換が近いといった認識、或は警戒を持つのは当然の判断である。

また、当方が常に主張している「ファンダメンタルズが値動きの後を追随する」を証左するように、米サブプライム危機が表面化する前に、ユーロの翳りがすでに見え始めた。図のA、B点のレートと対照するRSIのA'、B'点に注目していただきたい。AよりBのレートは遙かに高かったのに、RSIのB'はA'よりかなり低い。この様な「背離」は「ダイバージェンス」と呼ばれ、早晩レートの急落を暗示するものとして認識されている。言い換えれば、ユーロの急落はテクニカル的な必然性を以って、あとの米SPショックが単に「引き金」となった蓋然性は高かったのである。

その上、もっと注意すべきなのは、SPショック以降、ユーロの揺り戻しが急速であったものの、せいぜい58ぐらいのレベルに留まり、図示の「ブル・ライン」を超えずにいる。2003年5月~2005年12月の中段保ち合い期間において、この「ブル・ライン」の抵抗意義に鑑み、ユーロの急反騰も限界があるものと読み取れた。

ちなみに、RSIの分析では、8月13日以来のユーロの急反発もある程度予測できたものの、やや複雑なので、ここでの解釈をとりあえず先送りしよう。

来週また台湾出張。向こうの投資者らは円買いには何の躊躇もなく、かつインカム・ゲインのスワップ金利を気にする方はあまりいない。投機行為なのに、キャピタル・ゲインとしてのレートの差額ではなく、スワップ金利に拘る「日本的」スタイルにはやはり違和感を感じる。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

 HOME 

PickUp

ブルベアFX通信,陳満咲杜,シグナル,レポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。